2016.12.24

羽生不在の全日本フィギュア。
無良は先輩の意地を宇野に見せられるか?

  • 折山淑美●取材・文 text by Oriyama Toshimi 能登直●撮影 photo by Noto Sunao

 大会5連覇を目指していた羽生結弦が、直前になって体調不良(インフルエンザ)のために欠場した全日本フィギュアスケート選手権。誰が優勝しても初優勝になる男子で注目されたのは、今季は4回転フリップを武器にして、グランプリ(GP)ファイナルで3位になっていた宇野昌磨だった。

全日本SPで2位発進の宇野昌磨「ファイナルが終わってから、全日本まですごくいい練習ができて調子が上がってきています。あとは試合でメンタルの強さを見せたい」と話していた宇野は、前日の公式練習では、4回転ループや4回転サルコウにも挑戦。

「ファイナルを終えてからは調子が悪くなかったので、サルコウや、久しぶりにループもやり始めました。サルコウは本当に調子がいい時でないと跳べないですけど、ループは最近少しずつ跳べてきています。今回それをやるということはないですけど、近いうちに試合でやりたいと思っています」と話すなど、精神的にも余裕を持っていた。

 さらに「ファイナルで女子のメドベデワ選手がすべてのジャンプにコンビネーションを付けて跳ぶ練習をしていたので、僕も練習でやってみました。その中でもフリップ+トーが効率的には一番いいと思うので、試合でそれを入れようと思っています」という意欲も口にしていた。