2016.04.15

どこまで伸びる?羽生結弦が火をつけたフィギュア高得点化の波

  • 折山淑美●取材・文 text by  Oriyama Toshimi 能登直●撮影 photo by Noto Sunao

 フィギュアスケートの2015-2016シーズンの大きな特徴は、大会上位のスケーターが高得点を連発したことだった。

今シーズン、二度の300点超えを達成した羽生結弦 その先駆けとなったのは、NHK杯での羽生結弦の史上初の300点超え達成となる322・40点での優勝であり、それはさらに2週間後のGPファイナルでの330・43点へとつながった。

 完璧な演技をした羽生だけにとどまらず、GPファイナルでは、ハビエル・フェルナンデス(スペイン)がフリーで羽生に次ぐ史上ふたり目の200点超えとなる201・43点を獲得。さらに、フェルナンデスは1月末のヨーロッパ選手権のショートプログラム(SP)で羽生に次ぐふたり目の100点超えの102・54点を獲得し、フリーでも再度200点を超え、合計で300点超えとなる302・77点を記録する快挙を達成した。

 また2月の四大陸選手権では、パトリック・チャン(カナダ)がフリーで完璧な演技を披露して史上3人目の200点超えとなる203・99点を出した。

 高得点化は世界選手権でも顕著だった。SPでは羽生が歴代2位の110・56点を叩き出し、フェルナンデスはフリー歴代2位の216・41点を獲得して、合計も314・93点を記録した。