2015.12.11

羽生結弦、また異次元へ。ファイナルSPの世界最高得点演技を分析

  • 折山淑美●取材・文 text by Oriyama Toshimi 能登直●写真 photo by Noto Sunao

 12月10日のスペイン・バルセロナ。2週間前のNHK杯ショートプログラム(SP)で史上最高の106・33点を出していた羽生結弦が、グランプリファイナルのSPに登場。その演技は、「すごい!」としか言いようのないものだった。

ファイナルのSPで世界最高得点を更新した羽生結弦 午前の公式練習では4回転トーループが決まりきっていない状態で、6分間練習でもその不安を引きずっていたものの、本番になるとそれはもはや関係なかった。

「意外と緊張していました。でも緊張しているなかでも、自分に緊張感があるということを認識していました。NHK杯のフリーのときに近い感覚でしょうけど、そういう状態ではどうしたらいいんだろう、というのを考えながら滑れたと思います。ただ、ショートに入る前は会場のモニターを見て、『制限時間があと1秒しかない』と焦りましたけど……」

 冒頭、練習でも成功する確率が高かった4回転サルコウをパーフェクトに決めた羽生は、次の4回転トーループ+3回転トーループの連続ジャンプはこの日一番ともいえるきれいなジャンプ。この2種類のジャンプはともに、9名中8名のジャッジがGOE加点で満点の3点をつける出来だった。