2022.08.03

スターダム月山和香が、戦友の裏切りに抱いた困惑と怒り。コズエンのために「桜井まいに勝つまでは引退できない」

  • 尾崎ムギ子●文 text by Ozaki Mugiko

■『今こそ女子プロレス!』vol.7 
月山和香 後編

(前編:プロレスデビューから1年10カ月、未勝利。なぜリングを生きる場に選んだのか>>)

 アクトレスガールズ解散のいざこざで、心を病んだ月山和香。新天地に選んだのは、スターダムのリングだった――。

 2021年9月4日、月山がスターダムに参戦表明すると、ウナギ・サヤカがリングに現れた。そして、20歳未満、もしくはキャリア3年未満の選手を対象としたベルト、フューチャー・オブ・スターダム王座を賭けて、査定試合を行なうと通告した。

インタビューに答えるスターダムの月山 photo by 林ユバインタビューに答えるスターダムの月山 photo by 林ユバ この記事に関連する写真を見る  9月6日、後楽園ホール大会。試合前から、泣き出しそうな月山。

「ちょうどデビュー1周年の日だったんですよ。アクトレスにいたら、ベルト戦なんてできなかった。後楽園ホールはお客さんがいっぱいで、『ああ、(プロレスを)やめなくてよかった』と思いました。2カ月ぶりの試合だったので、始まるまではめちゃめちゃ怖くて、震えてましたけど」

 結果は、ウナギが月山を下してベルトを防衛。そして9月11日から、「月山和香スターダム・チャレンジ」がスタートした。いわゆる、新人に組まれる七番勝負だ。

 第一戦目の相手は、中野たむ。キャメルクラッチの体勢で、たむが「だれに憧れてスターダムに来たの?」と聞くと、月山は「小波さんです!」と答える......。たむの怒りを買い、強烈な連続エルボーからの回し蹴りで月山はKO負け。

 しかし、たむとの試合は強烈に心に残った。

「たむさんって、めちゃめちゃ心が響いてくる人。なにを思っているのか、顔を見たらわかる。目が合うだけで、『立ってこいよ』って思っているのがわかるんです。それってすごいことだなぁと思って。たむさんの下でやってるウナギさんとか、みなさん(白川未奈)もそれを継いでるから、表現というか伝え方が上手。コズエン(コズミック・エンジェルズ)に入って、たむさんみたいになりたいと思いました」

 9月28日、中野たむ率いるユニット「コズミック・エンジェルズ」入りを志願し、認められ、晴れてコズエン入りを果たす。しかし、月山にとって、思わぬ苦難が待ち受けていた。「コズエンダンス」――コズエンは、月山が加入して間もなく、入場時に全員でダンスを踊るようになったのだ。