2022.06.08

荒井優希は「プロレスをやっているからSKE48選抜から落ちた」と言われる悔しさも乗り越えて。目指すは女子プロを代表するレスラー

  • 尾崎ムギ子●文 text by Ozaki Mugiko

女子プロレスラー
SKE48荒井優希インタビュー 後編

(前編:プロレスデビューからの1年を告白。「最前列で観戦してたら、やろうとは思わなかった」>>)

 プロレスデビュー1周年を迎えたSKE48荒井優希。「2021年度プロレス大賞」で新人賞を受賞し、今年3月、初のタイトルマッチに挑むまでに成長した。

前編では、プロレスを始めるに当たり「試合で殴られると思っていなかった」という衝撃の事実を話してくれた。後編では、同じくアイドル出身の伊藤麻希への思い、6月12日(日)にさいたまスーパーアリーナで開催される「サイバーファイトフェス」への意気込みなどを語る――。

プロレスデビューからの1年を振り返ったSKE48の荒井優希 photo by 林ユバプロレスデビューからの1年を振り返ったSKE48の荒井優希 photo by 林ユバ この記事に関連する写真を見る ***

――3.19両国国技館大会における、伊藤麻希選手とのシングルマッチは最高でした。インターナショナル・プリンセス選手権試合で、荒井選手にとっては初めてのタイトルマッチ。自ら挑戦者に名乗りを上げたんですよね。

荒井:たくさん先輩がいる中で、伊藤さんは自分の中ですごく意識している先輩なんです。デビュー戦で「伊藤麻希を潰しに来い」という言葉をいただいて、その言葉があったから強くなりたいと思うようになった。どうしても勝ちたい相手だったけど、シングルマッチもやったことなかったし、試合自体もほとんど当たらなかったので、伊藤さんが「だれでもいいから挑戦してほしい」って言った時に、自分が行きたいと思いました。

――ものすごくいい試合でした。デビュー10ヶ月であれだけ感情むき出しのファイトはなかなかできないです。

荒井:初めて自分から動いた場面でもあったので頑張ったんですけど、伊藤さんの腰攻めのレパートリーが本当に多くて......負けちゃってすごく悔しかったです。