2022.06.08

SKE48荒井優希がプロレスデビューからの1年を告白。「最前列で観戦してたら、やろうとは思わなかった」

  • 尾崎ムギ子●文 text by Ozaki Mugiko

女子プロレスラー
SKE48荒井優希インタビュー 前編

 昨年5月4日、東京女子プロレス後楽園ホール大会でプロレスデビューしたSKE48荒井優希。アイドルの片手間かと思いきや、週3回、名古屋から東京の道場に通うほど熱心に練習し、「2021年度プロレス大賞」で新人賞を受賞。今年3月19日、両国国技館大会において、インターナショナル・プリンセス王者・伊藤麻希を相手に初のタイトルマッチを行なった。その試合は惜しくも敗れてしまったが、感情むき出しのファイトに多くのプロレスファンが度肝を抜いた。

 荒井がここまでのレスラーになると誰が予想していただろうか。プロレスデビューから1年が過ぎた彼女に、今の心境を聞いた。

Finally(かかと落とし)を得意技とするSKE48の荒井優希 photo by 林ユバFinally(かかと落とし)を得意技とするSKE48の荒井優希 photo by 林ユバ この記事に関連する写真を見る ***

――デビュー戦と最近の試合を見比べると、別人のようです。ご自身でも手応えを感じているのでは?

荒井優希(以下、荒井):私はあんまりプロレスに詳しくないので、自分の動きがどう変わったとか、動けるようになったとか、そういう実感はないんですけど。やっぱりデビュー戦と比べると気持ちがだいぶ違います。デビュー戦の時は不安と緊張しかなかったけど、今は試合中に楽しむ余裕もありますし、少しずつ周りを見られるようになってきました。

――荒井選手のデビュー戦をあらためて観たのですが、相手から攻撃されてもあまり痛そうじゃないんですよね。絶対、痛かったと思うんですけど。

荒井:めちゃめちゃ痛かったです!

――デビュー戦って、みんなそうなんですよ。絶対に痛いのに、あんまりそう見えない。痛みを伝えるのってすごく難しいと思うのですが、今の荒井選手はものすごく痛そうなんです。

荒井:アイドルをしてると、ケガをしていても隠すんです。ファンの方が心配しちゃうので、見えないところでテーピングをしたり。だから最初の頃は、試合後、ファンの方に「大丈夫? 痛くない?」って聞かれても、「痛くないです!」って強がってたんですよ。ファンの方も私がやられている姿を「見てられない」という人が多かった。でも最近は見慣れてきたのか、「どんどん行け!」みたいな(笑)。私も、痛い時は痛いって言っていいんだなって思いました。