2022.06.09

パッキャオのような軽量級のスターに。京口紘人は完全アウェーのメキシコに乗り込んで「圧倒して勝つ」

  • 杉浦大介●文 text by Sugiura Daisuke
  • photo by AFP/アフロ

 井上尚弥(大橋)がノニト・ドネア(フィリピン)を衝撃のKO劇で沈めた余韻が残るなか、WBA世界ライトフライ級スーパー王者・京口紘人(ワタナベ)が"完全アウェー"での危険な防衛戦へ――。

 2018年の大みそかに25歳で2階級制覇を果たし、プロデビュー以来15戦全勝(10KO)と快進撃を続ける京口が、現地時間6月10日、同級正規王者エステバン・ベルムデス(メキシコ)と対戦する。このWBAの団体内統一戦で特筆すべきは、開催地がベルムデスの母国であるメキシコのグアダラハラであることだ。

敵地メキシコで防衛戦を行なう京口敵地メキシコで防衛戦を行なう京口 この記事に関連する写真を見る  京口は2020年12月、近年はアメリカ進出も盛んな、イギリスに本拠を置くマッチルームスポーツと契約。サウル・"カネロ"・アルバレス(メキシコ)の名参謀として知られるエディ・レイノソをマネージャーに迎えたため、いずれメキシコで戦うことは既定路線ではあった。試合が間近に迫った京口へのインタビューでも、敵地での戦いに対して心の準備ができていたことを明かした。

「アメリカかメキシコのどちらか、という感じで言われていました。こちらの陣営の意向ではないです。どちらかといえばアメリカでやりたかったですけど、『メキシコならメキシコでもいいかな』とは思っていました」

 京口にとっては1年3カ月ぶりのリングになるが、コンディションさえ整っていれば、実績でも上回るスーパー王者の京口が優位と目されて然るべきである。

 昨年5月、かつて京口のジムの先輩だった田口良一と引き分けたこともあるカルロス・カニサレス(ベネズエラ)を、番狂わせの6回KOで下して王座についたベルムデス。直近の4勝はすべてKO勝ちと、パワーもある。

「一発があるし、日本人にない独特のリズムを持っている選手。当て勘もありますね。スピードがあるわけではないのにパンチを当てているというのは、独特のタイミングなどがあるということだと思うので、警戒しています」

 京口もそう認めるとおり、ベルムデスは14勝(10KO)3敗2分という戦績以上の底力を備えた実践派ではあるだろう。とはいえ、トップレベルの選手相手の勝利はカニザレス戦の1勝のみ。2020年以降の4戦も1勝1敗2分。2階級にわたって7度の世界戦を経験し、昨年3月にはアメリカでの防衛戦もクリアした京口とは"格が違う"ように思える。