2021.05.20

「美しすぎるボクサー」と話題を呼んだ伊藤沙月。五輪を目指していた当時と自衛隊退官後の今を語る

  • 石塚 隆●取材・文 text by Ishizuka Takashi
  • 村上庄吾●撮影 photo by Murakami Shogo

現在はパーソナルトレーナーとして活動する元ボクサーの伊藤沙月現在はパーソナルトレーナーとして活動する元ボクサーの伊藤沙月 この記事に関連する写真を見る 「仮にボクシングをしていなかった人生を考えると、苦しいことも多かったけれどやってきてよかったなって思うんです。特に女性にはなかなか経験できないことですし、"何かを極める"のに近いところまでできたというのは私の人生において大きかったなって」

 充実感を漂わせた涼しげな眼つきで、伊藤沙月はそう語った。

 現在、彼女は東京・西麻布の会員制トレーニングジム「デポルターレクラブ」でパーソナルトレーナーを務めている。だが、その正体は2009年の全日本女子アマチュアボクシング選手権大会のライトフライ級Bで金メダルを獲得した元選手。当時は、ボクシングを始めてわずか1年、17歳という若き才媛(さいえん)だった。また、その容姿端麗なたたずまいから「美しすぎる女子ボクサー」と呼ばれ、衆目を集めていた。

 ボクシングに初めて接したのは、地元・宮崎の日章学園に入学した時だ。類まれな身体能力が認められ、特待生として入学した。「負けず嫌いだったもので......」と本人は苦笑するが、体格やパワーが上回る男子に混ざり、試行錯誤を重ねトレーニングを積むことでメキメキと実力を向上させ、1年でタイトルを獲得している。勝ち気な性格でないと格闘技の世界を生き抜いてはいけない。

 しかしなぜ、女性にとってはハードコンタクトなスポーツであるボクシングを始めることになったのか?

「まずは父親が格闘技好きでよく見ていた影響はありましたね。まさか自分でやるとは思っていなかったんですが、(日章学園から)お話をいただいて、ひと目見た時にカッコいいなって」