2021.05.23

山本美憂が振り返る「KIDvs魔裟斗」とその裏側。試合後の弟の涙に悔しさがこみ上げた

  • 瀬川泰祐●取材・文・撮影 text by Segawa Taisuke

山本美憂インタビュー 前編

 2004年12月31日、5万3000人の観衆を集めた「K-1 PREMIUM 2004 Dynamite!!」で、今も語り継がれる一戦、山本"KID"徳郁vs魔裟斗が行なわれた。立ち技のみの「K-1ルール」だったため、総合格闘技が主戦場だったKIDは分が悪いとも思われていたが、「KIDなら何かを起こすんじゃないか」と、日本中に熱狂の渦を巻き起こした。

 KIDは2018年9月に41歳の若さでこの世を去ったが、この試合の輝きが色あせることはない。現在、武尊vs那須川天心の対決実現が大きな話題になる中、この試合を思い出す格闘技ファンも多いだろう。

 試合を近くで見ていた人物のひとりが、KIDの姉・山本美憂。家族だからこそ知る真の"神の子"の姿とは。

***

2004年12月、日本中を熱狂させた魔裟斗(左)とKID(右)の一戦 photo by SankeiVisual2004年12月、日本中を熱狂させた魔裟斗(左)とKID(右)の一戦 photo by SankeiVisual ――KIDさんと魔裟斗さんの一戦は、格闘技の枠を超えて多くの人々の関心を呼びました。美憂さんはあの試合をどのように捉えていましたか?

山本美憂(以下:山本)当時の魔裟斗くんはK-1の大スターでした。一方でノリ(KID)は、K-1ルールでは1回勝っただけ。明らかに経験が違うので、立ち技ルールで戦うのは、やはり怖かったですね。

――どのようなところに怖さを感じていましたか?

山本 魔裟斗くんが試合前に、「俺に触れることもできないだろう」と言っていたんです。今なら、試合前のパフォーマンスだったと理解できるのですが、当時はその発言を真に受けてしまって、「そこまで差があるのか」と不安に感じていました。でも、本人にそのことを言うと「俺のこと信じられないのか?」と怒られてしまうので、伝えなかったですけど。

――KIDさんが、同年10月の試合でモンゴルの猛者・ジャダンバ・ナラントンガラグを KOで下したあと、リング上から解説席に向かって「魔裟斗くん、2人でちょっと試合でもして、日本を盛り上げましょう」と対戦要求を突きつけた時はどう思いましたか?

山本「えっ、嘘でしょ⁉」って。チームメイトやマネージャには言っていたのかもしれませんが、試合のことは家族に一切話さないんですよ。いつも家族への報告は最後でしたね。