2020.04.30

「桜庭和志って誰?」から一躍人気者へ。
PRIDEはそのキャラを売りにした

  • 佐瀬順一●取材・文 text by Sase Jun-ichi
  • 長尾迪●撮影 photo by Nagao Susumu

桜庭和志「グレイシー一族撃破」から20年(2)

 90分に渡る死闘として語り継がれる「伝説の桜庭和志vsホイス・グレイシー戦」から、今年の5月1日で20年が経つ。

桜庭和志「グレイシー一族撃破」から20年(1)はこちら>>>

桜庭和志の「グレイシー狩り」はホイラー戦の勝利から始まった 両者がエントリーした『PRIDE GP 2000』は、PRIDEが初めて開催した無差別級トーナメント。まず、2000年1月30日に行なわれた1回戦で、桜庭は消化不良の試合放棄という形でガイ・メッツァーに勝利した。

 一方、ホイスは桜庭の師匠である高田延彦と対戦。高田は積極的に攻撃にいけず、ホイスが判定勝利を収めた。

 当時勤めていた出版社から「何か本になりそうな企画を出せ」と言われていた私は、桜庭もホイスも1回戦が”不発”に終わったこともあり、次の2回戦で両者が激突するという機運の高まりを感じた。

 2回戦の組み合わせはファン投票で決定される。「桜庭vsホイス」の実現は必至だろう。

 しかも、2回戦が行なわれるのは約3カ月後の5月1日。そこで私は「桜庭和志の自伝」の企画書を書いて社長に提出した。