2015.06.18

【ボクシング】山中慎介が激白「アイツと戦えるなら階級を上げてもいい」

  • 水野光博●構成・文 text by Mizuno Mitsuhiro  是枝右恭●撮影 photo by Koreeda Ukyo

 今年4月に8度目の防衛を果たし、日本ボクシング界で圧倒的な存在感を放っているWBC世界バンタム級チャンピオンの山中慎介(32歳・帝拳ジム)。アメリカのボクシング専門誌『リングマガジン』の選出する「パウンド・フォー・パウンド(全階級を通じての最強選手)・ランキング」において、日本人選手として初めてベスト10に選ばれ、改めて世界に名を知らしめた。

 そんな山中選手に、強い憧れを持つ作家がいる。週刊ヤングジャンプでボクシング漫画『リクドウ』を連載している漫画家・松原利光氏だ。今回、山中選手に話を聞くにあたり、インタビュアーに松原氏を抜擢。自身もジムに通うほどボクシングの魅力に取りつかれた漫画家が、「神の左」を持つ男にボクシングへの想いを聞いた――。

「神の左」でKO勝利の山を築いてきた山中慎介松原利光(以下:松原) 今日は、よろしくお願いします。

山中慎介(以下:山中) こちらこそ、よろしくお願いします。

松原 今、近年最高レベルで緊張しているんです……。パンチをもらわずして、すでにひざがガクガクしています(笑)。それくらい、めちゃくちゃファンなんです。

山中 ありがとうございます(笑)。

松原 実は、僕が描いている漫画『リクドウ』の主人公・芥生(あざみ)リクは、山中選手を参考にさせていただいている部分があるんです。

山中 そうなんですか?

松原 モハメド・アリ(※)やフェリックス・トリニダード(※)など、複数のボクサーの要素を取り入れているんですが、クレバーなファイティングスタイル、貫通力のあるパンチの打ち方は、山中選手を参考にさせていただいているんです。

※モハメド・アリ=1960年代から1970年代にかけて活躍し、WBA・WBC統一世界ヘビー級王座に輝いた、世界で最も有名なアメリカ合衆国出身のプロボクサー。
※フェリックス・トリニダード=ウェルター級(WBC、IBF)、スーパーウェルター級(WBA、IBF)、ミドル級(WBA)の3階級を制し、「1990年代で最強の中量級」との呼び声も高いプエルトリコ出身ボクサー。

山中 豪華なメンツに加えていただき、光栄です。

松原 まずはV8、おめでとうございます。(8度目の防衛戦となった)4月のディエゴ・サンティリャン(アルゼンチン)戦も圧巻でした。

山中 あの試合(7回KO勝ち)は、自分のボクシングができましたね。

松原 あれだけ「神の左」が警戒されていたにもかかわらず、最後は左で仕留めたのはさすがだと思いました。

山中 ラウンドを重ねるごとに、「もう少しでタイミングが合うな」とは感じていました。最後の左はタイミングでスムーズに出たというか、「ここだ!」と思う前に身体が反応しましたね。あれだけ自分の魅力を見せられた試合は、しばらくなかったかなと思います。