2015.05.13

【ボクシング】日本人王者がラスベガスに呼ばれるためには?

  • 原 功●取材・文 text by Hara Isao  矢野森智明●写真 photo by Yanomori Tomoaki

 4月中旬から5月上旬にかけて、日本のボクシング界は「黄金の3週間」を迎えた。

 4月16日に山中慎介(帝拳ジム/WBC世界バンタム級)が「神の左」で7回TKO勝ちを収めて8度目の防衛を飾れば、22日には井岡一翔(井岡ジム/WBA世界フライ級)が日本人ふたり目となる3階級制覇を達成。また、同じ日には高山勝成(仲里ジム/IBF世界ミニマム級)も王座を堅守した。

10度目の防衛に成功し、「ラスベガスでやりたい」と語る内山高志 さらに5月1日、三浦隆司(帝拳ジム/WBC世界スーパーフェザー級)が「ボンバー・レフト」を炸裂させてV4を達成すれば、6日には対抗王者の内山高志(ワタナベジム/WBA世界スーパーフェザー級)も豪快なワンパンチKOで10度目の防衛に成功。そして内山のジムメイト、田口良一(ワタナベジム/WBA世界ライトフライ級)も5度のダウンを奪ってベルトを守った。

 そんな彼らが語る近い将来の夢の舞台として、極めて高い確率で、「ラスベガス」という地名が出てくる。しかし、実際にその大舞台に立った日本人選手は数少ない。なぜ、トップ選手はラスベガスを目指すのか――。メリット、デメリットは? そして、その前にはどんな壁があるのだろうか。

 日本での「黄金の3週間」の最中、ラスベガスでは5階級制覇のフロイド・メイウェザー・ジュニア(アメリカ)と6階級制覇王者マニー・パッキャオ(フィリピン)が拳を交える「世紀のメガファイト」が行なわれた。12回判定勝ちを収めたメイウェザーに1億8000万ドル(約216億円)、敗れたパッキャオにも1億2000万ドル(約144億円)の報酬が見込まれる、まさに文字どおりのドリームマッチだった。勝ったメイウェザーは、9月のラストファイトもラスベガスで行なう予定になっている。