2015.03.15

辰吉寿以輝ボクサーデビュー「父からは何も教わっていない」

  • 原 功●取材・文 text by Hara Isao

3月特集 アスリートの春 ~卒業、そして新天地へ~(2)

 1990年代にWBC世界バンタム級王座を3度獲得するなど、一世を風靡した日本ボクシング界のレジェンド――辰吉丈一郎。その次男・辰吉寿以輝(じゅいき)が4月16日、大阪ボディメーカーコロシアムでプロデビューする。偉大な父の背中を追い、同じ大阪帝拳ジム所属選手として一歩を踏み出す18歳は、今、何を考えているのだろうか。そして、その先に見据えるものとは――。

時にあどけない表情を見せる18歳の辰吉寿以輝 4月のデビュー戦に備え、辰吉寿以輝は3月2日から13日まで、東京・神楽坂にある帝拳ジムでスパーリング主体の出稽古に励んだ。東京でのトレーニングは、昨年2月と10月に続いて3度目のこと。スパーリングを控えていたため慌ただしい取材となったが、寿以輝は時間を気にしながら淡々と質問に答えてくれた。

――幼少時、父親に抱えられてリングに上がったことは覚えていますか?

寿以輝 シリモンコン戦(1997年11月=シリモンコン・ナコントンパークビューに7回TKO勝ちでWBC世界バンタム級王座奪還)のときでしょ? 覚えてないです。

――父親の試合は映像で見ていると思いますが、どの試合が印象的ですか?

寿以輝 一番好きな試合はダニエル・サラゴサ(1996年3月=11回TKO負け、1997年4月=12回判定負け)との試合です。なぜかは自分でも分からないけれど、好きです。あとは岡部繁戦(1990年9月=4回KO勝ちで日本バンタム級王座を獲得)と、シリモンコン戦も好きです。