2021.12.02

貴島明日香が恋愛ゲームにハマり中。いつもは優柔不断な性格が不思議とキャラ変する!?

  • ハル飯田●文 text by Haru Iida
  • 能登直●撮影 photo by Noto Sunao(a presto)

この記事に関連する写真を見る

恋愛シミュレーションゲームもプレーする貴島明日香さん恋愛シミュレーションゲームもプレーする貴島明日香さん この記事に関連する写真を見る
貴島明日香のeたい放題 Vol.2

感情移入しすぎてしまう恋愛シミュレーションゲーム

 みなさんこんにちは、貴島明日香です。前回の「貴島明日香のeたい放題」から2ヶ月ほど経ちましたが、この間に『コール オブ デューティ(CoD)』や『ファークライ』シリーズの新作が発売されました。FPS(一人称視点のガンシューティングゲーム)好きとしては、どれも注目の作品です。

 なかでも気になっているのは『Back 4 Blood(バックフォーブラッド)』というゲームで、これは対戦もできますが、メインのモードではみんなで協力してたくさんのゾンビと戦うFPSです。前回お話しした『Apex Legends(エーペックスレジェンズ)』では前線に出がちな私ですが、協力系のゲームでは後方から味方を援護するプレースタイルが好きなので、同じFPSでも違ったスタイルで楽しめるんですよね。早くプレーしたいんですが、中途半端になってしまうのが嫌なので、まとまった時間が取れるまでは我慢しています。
※3人がチームとなって対戦する今話題のバトルロイヤルゲーム

 最近はちょっとした時間を利用しながらNintendo Switchで『ときめきメモリアル Girl's Side 4th Heart(ガールズサイドフォースハート)』を遊んでいます。せっかくなので、今回はストーリーを楽しむタイプのゲームの遊び方について語ってみようと思います。

『ときめきメモリアル Girl's Side 4th Heart』は主人公の女性になって、登場する男性キャラクターと仲よくなっていく過程を楽しむゲームです。実は主人公が女性の恋愛シミュレーションゲームは初めてやるんです。以前はよく男性の主人公として女の子を攻略するゲームを遊んでいました(笑)。

高校が舞台の「ときめきメモリアル Girl's Side 4th Heart」 ©Konami Digital Entertainment高校が舞台の「ときめきメモリアル Girl's Side 4th Heart」 ©Konami Digital Entertainment この記事に関連する写真を見る