2021.12.15

人気ロックバンドからゲームYouTuberに変身。動画100万再生超えのたいぽんが語る自身と「FIFA」の魅力

  • ハル飯田●文 text by Haru Iida

動画100万再生超えもあるというFIFAゲーマーのたいぽん動画100万再生超えもあるというFIFAゲーマーのたいぽん この記事に関連する写真を見る
 EA SPORTSが手がけるサッカーゲームシリーズ『FIFA』。昨年発売された『FIFA 21』が「2020年に欧州で最も売れたゲーム」の座に輝くなど、世界的な人気を誇っている。

 そんな『FIFA』シリーズに関する動画を投稿し続け、日本国内向けの公式イベントにも出演するYouTuberが「たいぽん」だ。チャンネル「たいぽんげーむず」は登録者12万人を超え、今や日本で『FIFA』と言えば必ず名前の挙がる存在になっている。

 これまでYouTuberとしてVlog(ブログの動画版)でいくつも「100万再生超え」動画を生み出してきたかと思えば、バンドマンとしてメジャーデビューの経験も持つ、ゲーム実況界では異色の経歴の持ち主だ。今年11月にはサッカー日本代表公式Twitterから応援メッセージを発信するなど、ゲームの枠組みを飛び超えて活躍している。

 たいぽんは幼少期からゲームに没頭するあまり両親に叱られた記憶もあり、「ゲーマー歴は長い」と自負している。だが意外なことに当時はサッカーへの関心は薄く、あくまで"ゲームジャンルのひとつ"程度の認識だった。

「子どもの頃は野球が好きだったんですよ。親戚の家でサッカーゲームをしたり、日韓ワールドカップを見たりした記憶はうっすらありますが、当時はサッカーが特別好きというわけではありませんでした」

 そんなたいぽんがサッカーの魅力に気づき始めたのは中学生の頃。明確なきっかけは「覚えていないんです」と笑うが、海外のスター選手が持つ輝きが彼の心に強く響いたようだ。

「選手もユニフォームもテクニックも、全部がカッコいいんですよね。もちろん他のスポーツも魅力的なんですけど、俺の中ではサッカーが一番カッコいいんです。特にメッシとロナウドの2大スターは自分が見始めた頃から今までずっと活躍していて、この時代に生まれて幸せだなと思いますね」

 一度夢中になってからはすっかりサッカーの虜になったたいぽん。「応援するクラブは決めていなくて、時期によって変わるんです。だから特定のチームをずっと応援している人がちょっとうらやましい」と話すように、あらゆるリーグに目を向けてはタイトルを巡るドラマやジャイアントキリングの衝撃に酔いしれた。