2021.01.19

ホークスの助っ人が分析。韓国のeスポーツ選手の年俸が高額な要因

  • ハル飯田●文 text by Haru Iida

ダッシャーは日本のeスポーツの実力を底上げする存在

 ホークスで活躍した韓国人選手。こう書けば、多くの方は圧巻の打棒で2014年、15年のリーグ連覇に多大な貢献をしたイ・デホを思い出す方が多いのではないだろうか。

 今回インタビューをしたDasheR(ダッシャー)もホークスをけん引する韓国出身選手だが、その競技は野球ではなくゲームによる対戦競技「eスポーツ」。所属するのは2019年10月に始動した福岡ソフトバンクホークス ゲーミング、通称「SHG」だ。

 近年大きな注目を集めているeスポーツは、日本ではまだまだ発展途上。対して、そのトップシーンを席巻しているのが韓国であり、国外リーグへ「助っ人」として参戦しているプレーヤーも少なくない。

 国内でも指折りの球団規模と独自のスタイルを誇るホークスが運営するSHGは、『リーグ・オブ・レジェンド(LoL)』のプロリーグに参戦している。『LoL』は個性豊かなチャンピオン(プレーヤーが操作するキャラクターのこと)を選んで戦う5対5のPC向けゲームだ。チームメイトとの連係と戦略により、相手の拠点に設置された「ネクサス」を破壊すると勝利となる。リリースから10年以上経っている、世界でも屈指のeスポーツタイトルである。世界各国に12のプロリーグが存在し、その頂点を決める世界大会の視聴者は1億人を超える。

 SHGのLoL部門で主力として活躍し、多数のチームに在籍経験を持つダッシャーの目に、SHGの活動や日本のeスポーツ界はどう映っているのだろうか。

――ダッシャー選手は2019年1月から日本のチームで活動されています。家族や友達からどんな反応がありましたか。

 日本は韓国と近いですが、初めて日本に来た時は外国ということで心配でした。家族からも心配されましたが、現時点では自分自身、日本にうまく適応できていると思います。