2021.01.04

小籔千豊はフォートナイトで親子関係良好。仕事の集中力もアップ

  • 都合亮太●取材・文 text by Togo Ryota
  • 木鋪虎雄●撮影 photo by Kishiku Torao

フォートナイトに出てくるウォーターワークのポーズ
「フォートナイト下手くそおじさん」としてYouTubeで発信し続けている小籔千豊さん。『フォートナイト』は基本無料でスマホ、PC、家庭用ゲーム機など様々なデバイスでプレーできる三人称視点(操作しているキャラクターの姿が見える)のシューティングゲームだ。小籔さんが2020年2月に開設したYouTubeチャンネルは現在10万人の登録者を有し、2021年1月には親子向けの大会にもゲストとして招待されるなど、フォートナイトコミュニティで活躍を見せている。

 小籔さんがどっぷりとハマったフォートナイトは、本人にとってどのようなゲームなのか。フォートナイトへの思い入れや、ゲームを通して息子に伝えたいことを聞いた。

インタビュー前編『小籔千豊がフォートナイトにどハマり。「はよ息子寝ぇへんかな」』>>

――YouTubeチャンネルを開設した際、なぜ「フォートナイト下手くそおじさん」の匿名チャンネルにしたのでしょうか。

 周りからも「なんで新喜劇とか小籔の名前を出さへんの?」って言われましたね。でも、俺は別にYouTubeで一山当てたいわけじゃないんですよ。俺はきっと一山あてられへんやろうし。自分の場合は堂々とフォートナイトをプレーして、上手くなりたかっただけなんです。

 それに、YouTubeという絶対になめてはいけない世界にお邪魔するわけです。フォートナイト関連のYouTuberさんたちも、みんなゼロから始めて徐々に周りに認められてきたわけじゃないですか。だから、自分もただの「フォートナイト好きのおっさん」としてゼロからスタートしたかったんです。「小籔です」と言うのは、フォートナイトの世界の人たちに認めてもらってからでええと。

 ただ、とりあえず生配信やってみたら全然人が来ないんですよ。1~2人とか。3人になったと思ったら、また1人。しかも、見ているのが嫁さんや息子だったりするんですよ。東京にいるおっさんが大阪の家族に向けてゲーム配信しているだけっていう状況が1カ月くらい続きましたね。