2020.08.24

巨人の日本一に貢献。
「eBASEBALL プロリーグ」に三刀流がいる

  • ハル飯田●取材・文 text by Haru Iida

巨人の一員になるには実力だけではダメ。eスポーツで必須の力とは>>

 eスポーツ界に二刀流ならぬ、三刀流プレーヤーがいる。『ゲーム配信』を生業としながら、『実況パワフルプロ野球(以下パワプロ)』『スプラトゥーン』と2つのゲームタイトルでプロ選手として活躍する「たいじ」こと吉田友樹だ。

 吉田は2018年、スプラトゥーン2の世界大会で優勝。翌年にはパワプロを用いたプロ野球eスポーツリーグ「eBASEBALL プロリーグ」で、読売ジャイアンツの代表選手として日本一獲得に貢献した、人気と実力を兼ね備えた選手だ。
読売ジャイアンツの代表選手として活躍するたいじ
 ここで簡単にゲームの紹介をしよう。

 スプラトゥーンは敵を倒した数は競わず、ヒト型になれるイカたちが水鉄砲のような「ブキ」を使って、より広範囲にマップを塗る、インクをぶちまけることが勝利の条件。本格的なシューティングアクションでありながら、親しみやすいポップなビジュアルとキャラクターで、コアゲーマーはもちろん女性や子供たちにも人気のゲームだ。17年発売のスプラトゥーン2は、発売3日間で67.1万本を国内で販売し、当時のNintendo Switch向けタイトルとして過去最高の累計売上本数を記録したことでも話題となった。

 パワプロは1994年に家庭用ゲームとして誕生して以来、 25年以上にわたり楽しまれてきた野球ゲーム。二頭身の体、丸い手、巨大な足など大胆にデフォルメされたキャラクターながら、実際のチームや選手のデータを収録することでリアルな野球を疑似体験でき、多くの野球ファンに親しまれてきた。17年からは国体の文化プログラムとしてパワプロを使ったeスポーツ大会が行なわれている他、18年からは「eBASEBALL プロリーグ」が開催されている。

 これらスプラトゥーンとパワプロの選手として活躍し、ゲームにすべての情熱を傾けてきた吉田は、何を思いゲームをプレーしているのか話を聞いた。