石川祐希、新天地ペルージャでの目標「日本人でも世界のトップになれるということを見せたい」

  • 柄谷雅紀●取材・文 text by karaya masaki

石川祐希のAttack The World vol. 11

ペルージャ移籍について 後編

(前編:日本からのオファーもあったが「目標に向かって突き進むことを最優先」>>)

 セリエAの常勝軍団、ペルージャへの移籍を決めた石川祐希。イタリア1部リーグで過ごした9シーズンのうち、最も長い4シーズンを過ごしたミラノを去る今、どんな思いを胸に抱いているのか。自身の今後、日本バレーボール界の未来も見据えた決意を聞いた。

ミラノで4シーズンを戦った石川 photo by PA Images/AFLOミラノで4シーズンを戦った石川 photo by PA Images/AFLOこの記事に関連する写真を見る

【「ミラノには感謝の気持ちしかない」】

――2018-19年シーズン、石川選手のプロ生活はシエナでスタートし、少しずつステップアップしてきました。ミラノでもしっかりと成績を残し、「セリエAのトップ4」という目標も果たしましたが、ここまでの歩みを振り返っていかがですか?

「時間はかかったなと思います。でも、ちゃんとステップアップして、さらに上の目標にも辿り着きつつある。本当に一歩ずつ上がっている感覚です。来季から、また新たなスタート。ペルージャで迎えるシーズンも、新鮮な気持ちで臨みたいと思っています」

――目標はペルージャでプレーすることじゃない、ということでしょうか。

「そうですね。今の目標は、イタリアリーグで優勝し、チャンピオンズリーグで優勝してMVPを獲ること。それを達成するために、やることは変わりません。今まで積み重ねてきたものをペルージャでも出すだけです」

――これまでは移籍の際、出場機会が多くなりそうなチームを選択してきましたね。

「試合に出ることが最も大切だと思っていたので、そのチャンスがあるチームを選びながら、目の前の目標を達成していくという選択をしてきました。それは間違っていなかったと思います。

 僕は『何歳までにこのチームに行く』といった目標設定をしていませんでしたが、仮に『25歳までに』と考えていたら、早い段階でリスクを負ってでも強いチームへの移籍を選択していたかもしれませんね。どちらがいいかはわからないですし、『こっちの道がオススメ』ということもない。僕はただ地道に、確率の高いほうを選んできただけです」

――石川選手はミラノで4シーズンを過ごし、その間にクラブも成長しました。この4シーズンを振り返っていかがですか?

「ミラノには感謝の気持ちしかありませんし、本当に『ありがとう』と言いたいです。パドヴァ時代(2019年-2020年)にオファーをくれて、移籍後は契約を更新し続けてくれた。そのなかで、チャレンジ・カップで優勝したり、コッパ・イタリアやリーグのプレーオフでベスト4に入ったり......。

 今季はプレーオフで3位になり、ミラノは初の欧州チャンピオンズリーグ(CL)出場権を獲得しました。それは僕だけの力ではなく、もちろんチームメートの力もありますけど、ミラノと一緒にやってこられた、歴史を作ってこられたことはとても幸せなことでした」

1 / 3

厳選ピックアップ

キーワード

このページのトップに戻る