柳田将洋が『ハイキュー‼』に夢中になる理由。コンビを組んでみたい・組みたくないセッターも明かした

  • 中西美雁●文・撮影 text & photo by Nakanishi Mikari

――アタッカーとして共感するシーンなどはありましたか?

「本当に細かいシーンですが、春高の決勝で梟谷が負けた時の回想で、エースの木兎が自分を責めているところです。普段は底抜けに明るい木兎が、あそこまでエースの責任を感じるところに共感しました。僕も高校時代(東洋高校)に多くトスを上げてもらって得点を取る役割を任されていたので、『結果を突きつけられるポジションだよな』と思いました」

柳田選手が「共感できる」と挙げた、梟谷のエース・木兎のセリフ(c)古舘春一/集英社柳田選手が「共感できる」と挙げた、梟谷のエース・木兎のセリフ(c)古舘春一/集英社この記事に関連する写真を見る――好きなキャラクターはいますか?

「稲荷崎のキャプテン・北信介です。『試合では、練習でやってきたことしかできない』というマインドを持つ究極の選手だと思います。試合に出るかどうかではなく、その時の状況に合わせて冷静にプレーできることがすごい。とても高校生とは思えない"大人"なキャラクターですね。なぜそういう思考に至ったかも描かれていますが、『俺もそういう感覚になったことがあったな』と共感しました。

 他には......本当に魅力的で面白いキャラクターが多くて迷いますが、鴎台高校のエース・星海光来も印象的ですね。彼は跳躍力もそうですが、最後のVリーグ編の試合でも日向翔陽と高等スキルの応酬をやっていたりして、『俺にはできないな』と(笑)。"バレーボールへの挑戦"を感じる、身長が低い2人のプレーには強く惹かれるものがあります」

――ちなみに、柳田選手自身がコンビを組むのであれば、どのセッターがいいですか?

「真っ先に、『(稲荷崎の)宮侑とは組みたくない』と思いました(笑)。能力はものすごく高いですが、口が悪いですし(笑)、『ちょっと打ってみろ』という感じでトスを上げている印象があるので。海外の選手にはたまにいますが、日本人選手でああいうマインドのセッターとは出会ったことがないです。例えば深津英臣さんや関田誠大も、ただ優しいというわけではなく自分にめちゃくちゃ厳しくて、アタッカーを大事にしたトスを上げてくれる選手です。

 作品の中でトップクラスのセッターは、けっこうアグレッシブな選手が多いですね。"天才"として描かれている影山飛雄も、最初は性格的にキツい部分もありましたが、Vリーグ編の彼であればアタッカーもプレッシャーを感じなそうです」

2 / 3

厳選ピックアップ

キーワード

このページのトップに戻る