2022.05.27

セリエAで自信を得た西田有志。「日本ぽくないバレーにも挑戦する必要がある」と代表チームのけん引役に名乗り

  • 中西美雁●取材・文 text by Nakanishi Mikari
  • photo by Italy Photo Press/アフロ

スーパーエース・西田有志 
がむしゃらバレーボールLIFE  Vol.2(4)

(第3回:石川祐希に頼んだ「買い出し」や直接対決も語った>>)

 今シーズン、男子バレーボール日本代表の左腕エース・西田有志は、イタリアリーグ1部のセリエAで濃厚な1年を過ごした。

 ビーボ・バレンティアのメインのオポジットとして活躍したが、西田のケガによる離脱、新型コロナウイルス感染者が出たこともあってチームは苦しんだ。3月13日には、同じくセリエA初挑戦した髙橋藍が所属するパドバと対決。髙橋がリベロとして出場した試合は競り合いになったものの、ビーボが敗れて2部降格が決まったリ。

セリエAに初挑戦した西田セリエAに初挑戦した西田 この記事に関連する写真を見る  セリエAでの日本人対決は、昨年11月の石川祐希(ミラノ)に続いて2回目だったが、シーズンが終わって帰国した西田に髙橋との対決について聞くと、少し考えて次のように答えた。

「あまり個人を意識することはないですが、世界トップのリーグで日本人選手が直接対決できるのは素晴らしいし、嬉しい。藍は本来のポジションではなかった(本来アウトサイドヒッター)ですけど、守備の良さが"売り"でもありますし、それをしっかりアピールできていると感じました。

 僕も日本代表のユース時代にリベロを経験していますけど、『アタッカーなのに......』とは思いませんでした。どんなポジションでも、試合に出られたらそれでよかった。藍とは試合後に『調子どう?』くらいの会話しかしなかったので本心はわかりませんが、たぶん同じような思いだったんじゃないかと思います」

 日本代表の練習や紅白戦などを除き、敵チームとして西田のサーブを受けるのが初めてだった髙橋は、試合後に「少しビビった」とコメント。それに対して西田は、「高校以来の対決だったので、楽しくやれたかな。まぁ、高校の時の試合は練習試合だったので、藍の印象はほとんど残ってないんですけどね」と笑顔を見せた。