2022.03.09

がん公表の藤井直伸にチームの枠を超えたエール。五輪を戦った大塚達宣、清水邦広も「少しでもパワーを送れたら」

  • 中西美雁●取材・文 text by Nakanishi Mikari

 男子バレーボール日本代表で東京五輪にも出場した東レアローズのセッター、藤井直伸が2月27日の夜に自身のSNSで胃がんのステージ4であることを公表してから一週間後。パナソニックパンサーズの本拠地であるパナソニックアリーナで東レとパナソニックが対戦し、3月5日は東レが非常にタフな試合を3-1で制すると、翌日はパナソニックが3-0のストレート勝ちで1勝1敗となった。

 パナソニックはこの2戦に向け、藤井の回復を願う千羽鶴を折り、5日の試合後にそれを東レに贈った。受け取ったのは、日本代表でも藤井とコンビを組む李博だった。

がんを公表した東レの日本代表セッター・藤井 photo by Hino Chizuruがんを公表した東レの日本代表セッター・藤井 photo by Hino Chizuru この記事に関連する写真を見る  藤井に異変が起きたのは1月8日のJT広島戦。ボールが二重、三重に見えてトスが上げられず途中交代した。

 検査の結果、胃がんステージ4で脳に転移していたことが理由だと判明した。チームは当初、「目の不調による欠場」と発表していた。しかし、東レに同期入社した選手たち(現在は別チームや引退してチームを離れている)がSNSに髪型を坊主にしたことを発表したり、ベンチに藤井のユニフォームが置かれるようになったりと、「ただの目の不調ではないのでは」という見方が徐々に広まっていった。

 そんな中での公表はバレー界にとどまらず大きなニュースになった。直後に始まった募金活動は、治療方法が定まっていないこともあって終了となったが、多くの関係者がさまざまな支援の形を模索している。

 パナソニックが贈った千羽鶴は、選手やスタッフが練習前に折ったり、家に持ち帰って家族も手伝ったりと、公表後初めての試合に間に合わせるために力を尽くしたもの。東京五輪で金メダルを獲得したフランス代表の指揮を執った、現パナソニックの監督であるティリ・ロラン氏も、鶴の折り方をYou Tubeで見ながら参加。ティリ監督自身もがんの手術経験があり、「他人事とは思えなかった」という。だからこそ自チームの選手たちの動きを「誇りに思う」と胸を張った。