2022.04.05

「Vリーグは時代に逆行している」。西田有志が語る、イタリアに見習うべき日本バレー界の改善点

  • Text by Sportiva
  • photo by Italy Photo Press/アフロ

男子バレー西田有志インタビュー 前編

 昨年12月8日、バレー界に衝撃が走った。「V.LEAGUE DIVISION1 MEN」のFC東京が、「2022年5月末限りで活動を休止する」と発表。それは実質的には廃部を意味する。

 FC東京のバレーボールチームは、1948年に東京ガスの「バレーボール部」としてスタート。2003年から現在の名称となり、2008-09シーズンからV1に参戦している。ただ、平日の練習は社業を終えてからという練習環境や、上位チームのように世界的に名のある外国人選手をなかなか獲得できないといったチーム事情もあって、順位は下位に沈むことが多かった。

セリエAで1年プレーした西田セリエAで1年プレーした西田 この記事に関連する写真を見る  活動休止の発表を受け、今季、セリエAのビーボ・バレンティアでプレーしていた西田有志は、同日に自身のSNSで次のように反応した。

「この件は今日起きた時に知った情報で、何故こうなったのか、そして全て考えた上でこの選択になったのかわからないが、魅力となるチームを無くすにはあまりにもショックすぎる。

 忘れることもない入団当初の、FCさんとの試合、最高の応援だと思ったチームだからより寂しい。」

 その後、FC東京の選手たちによるハッシュタグ運動「#NeverGiveUp東京」にもすぐに反応したが、活動休止の決定は覆らず。すでにレギュラーシーズンの試合は終了。現状では、4月30日から始まる黒鷲旗全日本男女選抜バレーボール大会が最後の戦いの場になる。

 イタリアのバレー文化に触れた西田が、Vリーグに改善してほしいところ、現在の日本バレー界への危機感を包み隠さずに語った。

***

――現在のVリーグは週末に同一カード2連戦が行なわれます。一方、イタリアのセリエAは週末に1試合、週によって水曜日にもう1試合、カップ戦などがあれば+αといった形が通常ですね。

「Vリーグの、同じチームと2日連続で試合をする今のシステムは、僕には疑問があるんです。違うチームとの試合のほうがモチベーションを維持できるし、観客の方たちもそのほうが面白いんじゃないかと思っています。1日目で勝敗を決したチームと、翌日にまた試合をすることに、(ジェイテクトSTINGSでプレーしていた)昨季はモヤモヤしていました。イタリアは週に3回試合をすることもありますが、同じチームと2回連続ということはありません。

 4レグになって試合数が増えるということも、選手側に説明が無かった。しかも『ファイナル6』が『ファイナル3』になって3チームしか出られなくなり、そこに入れないと決まったチームの試合は消化試合になってしまう。ファイナルに進むチームを減らすことで、リーグの試合の重要度を増すといった狙いもあるかもしれませんが、集客力で苦戦している今は、枠を増やしたほうが終盤まで緊張感のある試合を多く見せられるのではないかと思います」