2021.07.24

岩坂名奈が「何ができたんだろう」と悩む日も。女子バレー代表キャプテン時代を語る

  • Text by Sportiva

女子バレー岩坂名奈
引退インタビュー 後編 前編はこちら>>

 中田久美監督が女子バレー日本代表の監督に就任した2017年、岩坂名奈はキャプテンに指名された。本人にとってもサプライズだったその指名後、岩坂はどんな思いで大役を務めていたのか。引退を決意した理由、今後の展望と併せて聞いた。

2017年から3年間、日本代表のキャプテンを務めていた岩坂 photo by Sakamoto Kiyoshi2017年から3年間、日本代表のキャプテンを務めていた岩坂 photo by Sakamoto Kiyoshi この記事に関連する写真を見る ***

――久光では岩坂さん個人としても活躍していたものの、当時の日本代表は「MB1」「ハイブリッド6」といった、ミドルブロッカーの数を変える変則的な戦術を取りました。時にはミドルブロッカーを0人にすることもある戦術でしたが、それをどう見ていましたか?

「ミドルブロッカーとしては、もちろん悔しさがありました。でも、スポーツは『結果がすべて』な世界で、自分の実力が不足しているということ。それを覆すために、より結果にこだわるようになりました」

――2016年のリオ五輪メンバーに入ることはできませんでしたが、翌年に中田監督が日本代表を率いるようになり、岩坂さんも代表に召集されるようになりましたね。それだけでなく、チームの主将にも任命されましたが、驚きはなかったですか?

「もう一度、チャンスをもらえるなら代表でやりたいという思いはありましたが、自分が主将だと聞いた時はびっくりしましたよ。それまでのバレー人生で、キャプテンをやること自体が初めてでしたし。私が日本代表に初めて呼ばれた時は荒木絵里香さん、そのあとは木村沙織さん、それ以前から主将はチームの中心選手が担っていましたから、自分にできるのかという不安はありました。

 まして、日本代表はいろんなチームから選手が集まって、短期間でチーム力を上げないといけない。よりコミュニケーションが大事になりますが、私は少しそういった部分が苦手なので悩むこともありました。監督やチームメイト、スタッフの支えがあって何とか続けることができました」