2021.07.25

木村沙織は高校生で代表デビュー。アイドル的な人気爆発に「違和感があった」出来事

  • Text by Sportiva

日本女子バレー伝説のエース
木村沙織インタビュー 前編

 長らく、女子バレー日本代表の絶対エースとして活躍した木村沙織。2016年リオ五輪まで4大会連続でオリンピックに出場し、2012年ロンドン五輪では28年ぶりのメダル獲得(銅メダル)に大きく貢献した。

 初めて日の丸を背負ったのは下北沢成徳高校2年生の時。いきなり同年の世界大会で活躍すると、弾けるような笑顔の「スーパー高校生」に注目が集まった。人気が高まっていくことを、本人はどう感じていたのか。自身のバレー人生と共に振り返った。

長らく日本のエースとして活躍した木村沙織 photo by Matsunaga Koki長らく日本のエースとして活躍した木村沙織 photo by Matsunaga Koki この記事に関連する写真を見る ***

――木村さんがバレーを始めたのはいつですか?

「小学校2年生の時からですね。母がママさんバレーをやっていて、それにくっついて遊びに行っていたんです。それである日、秋川JVCというクラブの関係者の方に誘われて、という流れです」

――その頃はあまり背が高くなく、それでレシーブ練習をやるようになったというお話も聞きますが。

「小学校時代の身長は......6年生の時に165cm前後くらいだったかな? バレー選手としてはそこまで大きくないですよね。そのクラブではもうひとり、私と同じくらいの身長の子がいて、レフトとライトを担っていました。

 秋川JVCの監督は基礎練習に力を入れている方だったので、『背が高いからスパイク練習を中心に』ということはなく、全員が守備の練習をしっかりやって、スパイクも打ってという練習法でした。そこでの"土台"が、あとで活きたんじゃないかと思います」

――成徳学園中学校に進んで以降、だんだんと身長が伸びていったんですね。

「そうですね。中学と高校で20cmぐらい伸びました。正直なところ、もうちょっと早めに止まってほしかったです(笑)。バレーにはすごく役立ちましたけど、それ以外の部分では恥ずかしいこともあったので。特に女子高生の時とかは、電車に乗るとかなり目立っていましたし、オシャレもしにくかったですから」