2021.07.24

女子バレー岩坂名奈が思い出す中田久美監督の言葉。「あのプレー、何を考えていたの?」

  • Text by Sportiva

女子バレー岩坂名奈
引退インタビュー 前編

 いよいよ幕を開けた東京五輪で、2大会ぶりのメダル獲得を目指す女子バレー日本代表。2017年に現在の中田久美監督が就任してから、3年間キャプテンを務めていたのが、今年4月に引退を発表した岩坂名奈だ。

 久光製薬スプリングス(現久光スプリングス)時代から指導を受けていた中田監督はどんな指揮官だったのか。親友・新鍋理沙とのエピソードも含め、自身のバレーボール人生と共に振り返る。

長く久光スプリングスの主力として活躍した岩坂(中央)。左は新鍋理沙、右は石井優希 photo by Horie Joe長く久光スプリングスの主力として活躍した岩坂(中央)。左は新鍋理沙、右は石井優希 photo by Horie Joe この記事に関連する写真を見る ***

――あらためて、バレーを始めたきっかけから教えてください。

「バレーを始めたのは高宮中学校(福岡県・福岡市)の1年生からですね。正式に入部する前の仮入部期間に、バスケットボール部を見学しに行こうと思ったら、その日はバレー部が体育館を使う日だったんです。入学後にできた友達が小学校からバレーをやっていて、その子に誘われて顔を出したという感じだったんですが、やってみたらすごく楽しくて。それで入部を即決しました(笑)」

――中学校の時のポジションは?

「その頃からミドルブロッカーでした。チームとしては地域の中でもそんなに強くないほうでしたが、3年生の時に、九州ブロックの『長身選手発掘育成合宿』(全国を9つのブロックに分け、長身選手の発掘育成を図る合宿)に私も呼ばれたんです。身長は、小学校6年生で180cm弱あったのは覚えていて、その合宿でも参加メンバーの中で一番高いくらいでした。ただその合宿は、周りのレベルが高すぎて......ほぼ未経験レベルだった私は別メニューでしたが、そこから一段階、成長のギアは上がったように思います」

――その合宿には、のちに久光スプリングスや日本代表でチームメイトになる新鍋理沙さんも参加していたそうですが、その時のことは覚えていますか?

「いえ、周囲の選手たちに圧倒されっぱなしで記憶にないんです(笑)。そのあと、高校に入ってから対戦相手として認識するようになりました。理沙は1年生のインターハイから活躍していて、私も会場でプレーを見ていました」