2021.07.21

江畑幸子が竹下佳江の10cm変更トスに「すごい」。ロンドン五輪の大一番直前にあった驚きの指示

  • 中西美雁●文 text by Nakanishi Mikari

女子バレー江畑幸子 
引退インタビュー 中編 前編から読む>>

 木村沙織とのダブルエースとして、ロンドン五輪の銅メダル獲得に貢献した江畑幸子。インタビューの中編は、メダル獲得への最大の難所になった、準々決勝の中国戦での裏話などを聞いた。

ロンドン五輪で、日本のエースのひとりとして活躍した江畑幸子 photo by Ishijima Michiロンドン五輪で、日本のエースのひとりとして活躍した江畑幸子 photo by Ishijima Michi この記事に関連する写真を見る ***

 聖霊女子短大付属中学・高校を経て、江畑は2008年にVリーグの日立佐和リヴァーレ(現・日立リヴァーレ)に入団した。日立のスタッフ陣は高校1年時から練習を見学に訪れており、バレー部が日立の施設で合宿を行なったこともあったことから、「そのつながりもあって、卒業後は自然な流れで日立に入りました」と江畑は振り返る。

 入団1年目のシーズンでチームは全敗を喫し、いきなり2部に降格。しかし翌シーズンは、江畑の活躍もあってリーグ優勝を果たした。チャレンジマッチ(1部の下位チームとの入れ替え戦)で敗れて昇格はできなかったが、翌年以降に希望を残す結果になった。

 そのシーズン終了後の2010年4月、江畑は日本代表に選出された。2部のチームから代表選手に選ばれることは男女とも珍しい。まして、アンダーカテゴリーの代表でもプレー経験がなかった江畑の代表入りは異例だった。

「当時のVリーグ2部の試合会場は今より環境が整っていなくて、地方の小さな体育館で行なわれることもありました。お客さんの数も少なかったんですが、ある日、いきなり(当時の女子代表監督の)眞鍋政義さんが試合を見に来たんです。当然、かなり目立っていましたよ(笑)。周囲の人たちからは『エバのことを見に来たんじゃない?』と言われて、私は『そんなわけないじゃん』と笑っていたんですが、そこで高く評価してもらえたのかもしれませんね」

 日立の総監督だった菅原貞敬(現・日立のシニアアドバイザー)から、眞鍋監督への"猛プッシュ"もあったようだ。実際に代表に選出されると、菅原はいち早く江畑の両親に伝えたそうで、江畑も「両親に連絡したら、『(菅原さんから)聞いたよ』と冷静な反応でした」と笑顔で話す。

「でもそのあとに、『日本代表はたくさんメンバーがいるから、頑張らなきゃいけないね』と、励ましてくれたのも覚えています」