2021.07.15

警戒するのは「石川祐希と西田有志」。強豪国の監督と主将が見た日本男子バレーの評価

  • Text by Sportiva

 バレーボール「V.LEAGUE DIVSION1」の強豪・パナソニックパンサーズで指揮を執るティリ・ロラン監督と、中心選手のミハウ・クビアク。今夏、それぞれの国の威信を背負って五輪の頂点を目指す2人に、日本代表について話を聞いた。

ネーションズリーグを戦った(左から)髙橋藍、石川祐希、西田有志 photo by FIVBネーションズリーグを戦った(左から)髙橋藍、石川祐希、西田有志 photo by FIVB この記事に関連する写真を見る  2012年からフランス代表を率い、2015、2017年とワールドリーグを2度制したティリ監督は、本来であれば昨年に開催されていた東京五輪で代表監督を離れるはずだった。大会は1年延期が決定したものの、その時点でパナソニックの監督に就任することが決まっていたため、日本バレー界では極めて珍しく、海外の代表監督がVリーグの監督を兼任することになったのだ。

 もともと「日本の文化にも興味があった」というティリ監督だったが、コロナ禍の影響で来日できたのは9月下旬。それまでは、チーム練習を映像でチェックしながら指示を出していた。

「大変でしたが、チームはきちんと私の指示に従って完璧に練習していました。日本は紙の書類が多いことが少し苦手ですけど、その他の点はすばらしい。Vリーグは、ヨーロッパのリーグよりもディフェンスが優れているためラリーが長く続く、見ていて面白いリーグだと思います」

 パナソニックは清水邦広、山内晶大という東京五輪メンバーをはじめ、日本代表経験者が多いチームだが、Vリーグで対戦したチームの中で「ファンタスティックなプレーヤーだ」と評したのは、ジェイテクトSTINGSのエース・西田有志だ。

「初めて彼のプレーを見たのは、2018年のネーションズリーグ(フランス大会)でのこと。対戦前のアップの時点で目が行って『あれは誰なんだ?』と周りのスタッフに聞いても、誰も情報を持っていませんでした。試合が始まると、体のサイズは決して大きくないのに、ジャンプ力を生かしたパワフルなスパイクを打っていた。そのあとも成長を続けていて、見るのが楽しい選手ですね。