2021.02.20

「石川真佑世代」が超有望。迫田さおりが注目する女子バレー新戦力

  • 中西美雁●取材・文 text by Nakanishi Mikari

ロンドン五輪銅メダルメンバー
迫田さおりインタビュー 後編 前編:「今年は断然、古賀紗理那」>>

 2019年に日本で開催されたバレーボールW杯で、当時19歳の石川真佑(東レ・アローズ)が鮮烈デビューを飾ったことは記憶に新しい。Vリーグ1年目の選手とは思えない活躍で、対戦した海外チームの監督からも称賛の声があがるほどだった。

 新勢力の台頭はチームに活気をもたらし、それが進化につながる。今季のVリーグで存在感を示し、今後は代表での活躍も期待できそうな選手を、リーグの解説も務める迫田さおりさんに聞いた。

現役時代、オリンピックに2度出場するなど活躍した迫田さん photo by Watsunaga Koki現役時代、オリンピックに2度出場するなど活躍した迫田さん photo by Watsunaga Koki ――前編では、日本代表でもすでに実績がある3人のアタッカーを挙げていただきましたが、他に注目のアタッカーはいますか?

「まずは、トヨタ車体クインシーズの藪田美穂子選手(25歳・178cm)ですね。今年はあまり結果がついてこなくて、苦しいシーズンだったと思いますが、私が解説をした試合でもひときわ目を引きました。彼女の最大の魅力は"懸命さ"。レフトは『ここぞ』という時にトスが上がってくるんですが、そういう時に『絶対に1点取るんだ』という気迫を感じます。そういう逃げないメンタルはアタッカーの重要な要素だと思います。

 表情もいいですね。プレーの最中は、チームメイトの表情も目に入るものです。仮に負けている時に『ああ、駄目かもしれない』という表情を誰かひとりでも見せてしまったら、チーム全体がマイナスの方向に引っ張られてしまう。でも藪田選手は、常に『絶対に大丈夫』という力強い目をしています。プレー以外でもチームを引っ張ってくれる存在ですね」

――今年5月に21歳になる石川真佑選手(東レ・アローズ)と同じ世代にも、楽しみな選手が多いように感じます。

「そうですね。埼玉上尾メディックスの吉野優理選手(20歳・173cm)も気になります。昨季、『うわっ、すごい選手がいる』と思っていたら、代表にも選ばれて『やっぱりな』と。藪田選手とはまた違うタイプで、黙々とプレーするタイプですが、『ここは決めないといけない』といった勝負どころがわかっている。技術だけじゃなくて、考えながらプレーできる選手という印象があります。

 あの冷静さは、20歳とは思えません。今季は少し苦しんでいますが、自分のプレーが思うようにできない時期を力に変えていける選手じゃないかと思います。相手チームからのマークも厳しくなっていますが、マークされるということは『怖い選手』という証拠。いい意味にとらえて、吹っ切ったプレーをしてもらいたいです」