2021.02.20

「今年は断然、古賀紗理那」。迫田さおりが推す女子代表のアタッカー陣

  • 中西美雁●取材・文 text by Nakanishi Mikari

ロンドン五輪銅メダルメンバー
迫田さおりインタビュー 前編

 2020-21シーズンの「V.LEAGUE DIVISION1 WOMEN」(V1女子)は、2月20日、21日に行なわれるファイナルステージをもって幕を閉じる。そのあとには、今年度の日本代表メンバーが発表される予定で、その顔ぶれが気になるファンも多いだろう。

 特に、2020年6月に"守備の要"だったライトプレイヤーの新鍋理沙が引退したため、組み合わせも含めたアタッカー陣が大きな注目を集めるだろう。そこで、東レ・アローズや日本代表のアタッカーとして活躍し、オリンピックに2度(ロンドン五輪、リオ五輪)出場した、迫田さおりさんに話を聞いた。

元日本代表で、現在は解説を中心に活躍する迫田さん photo by Watsunaga Koki元日本代表で、現在は解説を中心に活躍する迫田さん photo by Watsunaga Koki ――今季のVリーグを見た中での、注目のアタッカー陣について聞かせてください。

「私も現役時代にプレーしていた東レ・アローズからで申し訳ないんですが(笑)、今季はレギュラーラウンド無敗だった中で注目度が高かったのは、やはり黒後愛選手と石川真佑選手でしょう。黒後選手は今年度からキャプテンに就任。まだ22歳ですし、コロナ禍で練習環境がまったく変わる中でチームをまとめるのは、すごく難しかったと思います。それでも、自分のプレーだけではなく、チーム全体の状況にまで視野を広げながら過ごした経験は、特に精神面の部分で成長につながったはずです」

――黒後選手はこれまでレフトでプレーすることが多かったですが、今年はライトでしたね。

「技術が高く、私も『うらやましいな』と思うくらいパワーがある選手ですから、(攻撃の中心を担う)レフトでも十分活躍していましたが、以前に本人に聞いた時には『レフト......なんかしっくりこないんですよね』とも話していました。(下北沢成徳)高校時代はライトでしたからね。なので今年は、ライトプレイヤーとして、さらに上を目指してプレーしていると思います」