2020.11.30

「かおる姫」と呼ばれて人気爆発。菅山かおるが語る当時と母になった今

  • 中西美雁●取材・文 text by Nakanishi Mikari

 近年の女子バレーボール界の中で、ひときわ人気を集めた選手のひとりとして、「かおる姫」こと菅山かおる(現・西村かおる)を覚えているファンは多いだろう。

 高校2年の時、宮城県の強豪、古川商業高校(現古川学園高校)のエースとして春高バレーを制覇。卒業後は小田急ジュノーに入団するも、1999年にチームの廃部によってJTマーヴェラスに移籍した。意外な「苦労人」時代を経た2005年、26歳にして全日本に初招集されると、身長169cmの小さなアタッカーとして活躍して人気が爆発した。

 その後、ビーチバレーにも挑戦したが、2011年に同じビーチバレー選手の西村晃一と結婚したことで競技から離れた。現在は2児の母である菅山が、人気絶頂時の全日本時代と現在について語った。

ビーチバレーの西村晃一と結婚し、2児の母になった菅山かおる photo by Tanaka Wataruビーチバレーの西村晃一と結婚し、2児の母になった菅山かおる photo by Tanaka Wataru この記事に関連する写真を見る ――初めて全日本に選ばれた時の気持ちを覚えていますか?

「全日本に入ることが小さい頃からの夢で、自分が代表メンバーとしてコートに立っていることを妄想しながら練習していました。だから、初めて日の丸をつけて試合に出た時は、『ずっと思い描いていたコートに立てたんだ』と胸がいっぱいでしたね」

――その前年にはリベロに転向していますが、どんなきっかけがあったんですか?

「小田急、JTでプレーしてきて25歳になった時に、『何かを変えないと全日本には入れないな』と思うようになったんです。それで2004-05シーズンを前に、スパイカーからリベロに転向しました」

――そのシーズンでJT初のベスト4進出に貢献し、全日本にも選ばれますが、代表デビューとなった2005年のワールドグランプリはスパイカーとして出場しましたね。

「はい。リベロとして選出していただいたのですが、急遽スパイカーで出ることになり、自分が一番びっくりしました! その後の試合ではリベロでも起用してもらえたので、両方のポジションでプレーするといういい経験ができました」