2017.07.05

サオリン、カナ…世界と戦える選手を
育てる下北沢成徳・小川監督の教え

  • 中西美雁●文 text by Nakanishi Mikari

シリーズ・部活の現場に行ってみた!(2)
名門・下北沢成徳の自由な指導 【後編】

前編から読む>>

 東京の下北沢成徳高校バレー部の練習風景は、他の強豪校とはだいぶ違う。小川良樹監督は練習中に直接選手に声をかけたり、ボールを出したりすることはない。現2年生エースの石川真佑(全日本男子の石川祐希の妹)らが汗を流す中でも、小川監督はコートの片隅にイスを並べ、そこに座って練習を静かに見守っている。

1年生から活躍する石川など、選手育成に定評がある下北沢成徳 photo by Sakamoto Kiyoshi  学校を訪れたときに目についたのは、フィジカルトレーニングに割く時間が長いことだった。成徳のバレーは「パワーバレー」とも言われ、全日本に名を連ねた大山加奈や荒木絵里香に代表されるように、「テクニカル」よりも「パワフル」という印象が強い。小川監督は、フィジカルトレーニングを重視する理由についてこう明かした。

「理にかなった動きをするには、高い技術を身につけなくてはいけない。それに対して体の強さがあれば、細かい動きはさておき、自分の体を思い通りコントロールすることができる。それなら、先に体を強くするほうが、選手は力を発揮しやすいのではないかと思っています」