2017.07.06

ビーチバレー坂口佳穂を襲う爆弾サーブ。
元代表との対戦で起きたこと

  • 小崎仁久●取材・文 text&photo by Kosaki Yoshihisa

 目標とする国内大会ベスト4進出を目指して奮闘中の、坂口佳穂(21歳/マイナビ)&藤井桜子(26歳/市進ホールディングス)ペア。本格的な夏を迎え、ツアー第3戦のジャパンビーチバレーボールツアー2017 南あわじ大会(7月1日~2日/兵庫県南あわじ市)に挑んだ。

ツアー第3戦の南あわじ大会に挑んだ坂口佳穂 ここまでの坂口&藤井ペアは、ツアー2戦を終えて1勝4敗。いまだプール戦(グループリーグ戦)を勝ち上がれず、4強入りは果たせていない。思うような結果を出せず、もどかしい状況が続いているが、藤井は前向きにこう話していた。

「負けている中でも何かを仕掛けていこう、という考えが2人とも大きくなっている。少しずつだけど、成長できていると思う」

 予選ラウンドからのスタートとなった第3戦。柳希(28歳)&山口茜(24歳)ペアに2-0(21-10、21-19)とストレート勝ちを収めて、難なく本戦出場を決めた。

 続く本戦のプール戦、第1試合の相手は松山紘子(31歳)&坂本実優(25歳)ペア。同ペアとはツアー第1戦東京大会でも対戦していて、その際はフルセットの末、勝利を収めている。