2022.03.24

大坂なおみ、涙の理由、そして引退を語る。「想定外のことが起きて、訳がわからなくなってしまった」

  • 内田暁●取材・文 text by Uchida Akatsuki
  • photo by AFLO

 大坂なおみがマイアミ・オープンの1回戦を戦う日は、ひとつの衝撃的なニュースにテニス界が揺れた日だった。

 女子世界ランキング1位のアシュリー・バーティ(オーストラリア)が、25歳の若さにして突如の引退表明----。

 今年2月に全豪オープンで「44年ぶりの地元選手優勝」の悲願を成し、絶対的な女王として支配力を強めていくかに見えた最中。マイアミ・オープン会場でも選手たちが各々の意見を語り、波立つ空気のなか、大坂はセンターコートに立っていた。

大坂なおみが地元マイアミで本音をこぼした大坂なおみが地元マイアミで本音をこぼした この記事に関連する写真を見る  現在世界ランキング77位ながら、センターコートに試合が組まれたことが、大坂の知名度と注目度の高さを物語る。

 今大会においてはことさら、いくつかの理由において、その傾向は強いだろう。

 その理由のひとつは、大坂がマイアミの隣町で育ったこと。会場こそ移り変わったが、マイアミ・オープンは大坂が観戦に訪れた初めての大会としても知られている。

「練習コートのスケジュールを見て、お目当ての選手のサインをもらおうとしていた。でも私は、声をかけるにはあまりにシャイだった」

 そんな多少の苦みも交じる思い出を、大坂はしばしば口にしてきた。

 もうひとつ、今大会の大坂が注視を集める理由は、10日前のBNPパリバ・オープン2回戦での出来事にある。

 試合開始早々に浴びたひとつの野次で、大坂は涙を流すほどに内面から崩れていった。敗戦後はコート上で、自ら望んで、観客に涙の理由を吐露する異例の敗戦スピーチも......。

 これほどまでに精神的に揺れた大坂が、果たしてマイアミ・オープンで、いかなるプレーを見せるのか? そんな好奇の色も、彼女に向けられる視線には含まれていた。

 実際には、初戦の大坂はまるで10日前の出来事などなかったかのように、安定感とエネルギーに満ちていた。

 サービスゲームでは、コースと球種を効果的に打ち分け、常に主導権を握っていく。リターンでも、コースを読みきったかのように鋭く反応し、迷わずボールを打ち抜いた。