2021.07.01

錦織圭、身長の低さを有利に転じた一手。GS通算99勝の経験値が生きた

  • 内田暁●取材・文 text by Uchida Akatsuki
  • photo by AFLO

 グランドスラム通算勝ち星が区切りに到達し、その感想を問われた錦織圭が「しょぼいですね」と恥ずかしそうに笑ったのは、30勝の時だったか......。

 以降も50勝などのマイルストーンに到るたび、彼は「申し訳ないんですが、なんとも思わなくて」の言葉を繰り返してきた。第三者によって人工的な意味を付与された数字には、まるで関心がないようだった。

2年ぶりのウインブルドンを初戦突破した錦織圭2年ぶりのウインブルドンを初戦突破した錦織圭 この記事に関連する写真を見る  2021年のウインブルドン。1回戦でアレクセイ・ポピリン(オーストラリア)から手にした勝利は、錦織のキャリアに"グランドスラム通算100勝"の金字塔を打ち立てる。

 そしてやはりこの時も、錦織本人は「いや、何も感じません。なんと答えれば正解なのか、わかりません」と、少しばかり、すまなそうに顔をしかめる。

「ただ......」と、なにか思い当たることがあったのか、そこから言葉をつないでいった。

「今日の試合などを見ると、経験の差が出たかなとは思います。彼はハードやクレーだったらもっといい試合ができるけれど、芝の経験がまだあまりない。芝だと動きがそこまで良くなかったりミスがあったり。いい選手ですが、芝だとまだ良さが出せていないのかなと思いました」

 今季ツアー初優勝も手にしている伸び盛りの21歳を、どこか気遣うかのような発言。それは純粋に錦織が、芝の上で打ち合い感じた彼我の戦力差であり、自身の優位性だったのだろう。

 今年のウインブルドンは、クレーから芝への適応がいかに困難であるかを、あらためて世に知らしめる試合で幕を開けた。

 全仏オープン準優勝者のステファノス・チチパス(ギリシャ)が初戦でストレート敗退。赤土の上ではあれほどに猛威を誇った勇猛な片手バックハンドが、芝ではまったくタイミングが合わない。

「クレーから芝への移行期は、この競技で最大のチャレンジだ」

 前哨戦に出ることなくウインブルドンに挑み敗北した22歳のチチパスは、呆然とそうこぼした。

 錦織にしても、2年ぶりとなる今年のウインブルドンの前に芝でこなしたのは、2試合のみである。ただ、勢いに乗る若手たちと違うのは、錦織には過去にこの"聖地"で31試合を戦ってきた経験があることだ。