2021.02.19

大坂なおみ、セリーナの涙に本音をポツリ。「永遠にプレーしてほしい」

  • 内田暁●取材・文 text by Uchida Akatsuki
  • photo by AFLO

 今でも、憧れの人を間近で見るのは「現実味がない」と、彼女は言う。

 初めてテレビでコートを駆ける姿を見た時から、その人は彼女のスターだった。小学3年生時の自由研究ノートには、カラフルなペンで彩った"憧れの人"の写真をいくつも貼り、空白を「この人みたいになりたい!」の文字で埋めつくした。

大坂なおみ(左)の肩を抱いて祝福するセリーナ大坂なおみ(左)の肩を抱いて祝福するセリーナ  それから10年以上の時が経ち、23歳になった彼女は、憧れの人----セリーナ・ウイリアムズ(アメリカ)----と、全豪オープン準決勝で対峙する。

 39歳になった生きるレジェンドは、23のグランドスラムタイトルを手にし、一児の母にもなっていた。

 大坂なおみが、自分に対して無垢な羨望の目を向けていることも、セリーナはよく知っている。そして、2年半前の全米オープン決勝での不本意な敗北を払拭するために、必ず倒さなくてはならない相手であることも......。

 5日間の無観客の日々を経て、ロックダウンが解除されたセンターコートは、キャパシティの半分とはいえ席が埋まり、ファンの熱気で満たされた。

 試合開始前のウォームアップの間、対戦するふたりのプロフィールが場内にアナウンスされる。

「グランドスラム通算23度優勝。ここオーストラリアでは、2003年、2005年、2007年......」

 栄冠の足跡を読み上げる声に呼応し、アリーナが歓声に揺れる。

 その絶対的な強さの開示を前にして、畏怖せぬ者はいないだろう。

「とてもナーバスだったし、怯えてもいた」

 大坂も抱えた恐れを、隠そうとはしなかった。

 試合立ち上がりの大坂は、明らかに「恐れ」が表出する。

 甘くなったセカンドサーブを、激しく叩かれ決められたリターンウイナー。続くポイントでは、緊張が隠せぬダブルフォルト。その後も萎縮したかのように腕が振り切れず、打球は狙ったコースから外れていく。

 いきなり奪われた、ブレーク。畏怖の背景にあったのは、「彼女に甘いサーブを打ったらどうなるか、子どもの頃からずっと見てきたから」という、憧憬の記憶が結ぶ像だ。