2020.09.12

錦織圭の新コーチは「ビースト」。
復帰戦で参謀につけた決意と理由

  • 内田暁●取材・文 text by Uchida Akatsuki
  • photo by AFLO

◆「錦織圭と父との愛情物語。25年前のプレゼントと息子への願い」はこちら>>>

「大きな目標があるので、そこに揺らぎはないです。目指すのは攻撃的なテニス。前に出るのを増やしたい」

 錦織圭がそう明言したのは、昨年5月。欧州で迎えたクレーコートシーズンの最中だった。

コロナ感染を乗り越えてコートに帰ってきた錦織圭 緻密な組み立てと勝負強さは錦織の持ち味だが、それらの特性は必然的に、試合時間の長さを招く。接戦の連続は心身のスタミナを削り取り、ゆえにトーナメント終盤に入ると、疲労の色を濃くすることも多かった。

 だからこそ錦織は、長い打ち合いを避け、ネット際でも多くポイントを決める攻撃テニスを標榜する。ネットプレーのリスクが高いクレーコートで、あえて自分の決意を測るかのように前に出る錦織の姿が、昨年晩春の赤土の上にあった。

 それから、1年と4カ月後......。

 錦織はオーストリアの赤土の上で、1年ぶりの実戦を戦っていた。

 ひじの痛みの抜本的な解決のため、悩んだ末にメスを入れたのが昨年10月。ツアーを離脱し、まさに復帰しようとしたそのタイミングで、新型コロナウイルスによる長期ツアー中断期に突入した。

 さらには、出場を予定していたウェスタン&サザンオープン開幕の直前に、新型コロナ感染が発覚。結果、全米オープンを含むハードコートシリーズはすべて欠場し、欧州のレッドクレーが再始動の地点に選ばれる。

 その復帰戦のコートサイドには、ノートを片手にメモを取る、新コーチのマックス・ミルヌイの姿があった。

 錦織が新コーチにミルヌイを招いたのは、これまでの錦織の一連の発言を思えば、極めて明確で自然な流れだと言える。

 41歳まで第一線で活躍し、2年前に引退したばかりのミルヌイは、196cmの長身から打ち下ろす高速サーブと、「ビースト」の異名を取るほどにアグレッシブなプレーがトレードマーク。6度のグランドスラム優勝に代表されるダブルスの活躍で名を馳せたが、シングルスでも最高18位に達した実績の持ち主だ。