2020.09.10

大坂なおみ、呪縛からの解放。
敵もお手上げの完璧テニスで優勝へ弾み

  • 神 仁司●文 text by Ko Hitoshi
  • photo by AP/アフロ

◆「お騒がせレジェンドが語る錦織圭と大坂なおみの力」はこちら>>

 2年前の9月8日は大坂なおみがUSオープンで初優勝を飾り、グランドスラムタイトルを初めて獲得した記念すべき日だ。

 そんな日に、大坂は2年前と同じニューヨークの地で準々決勝を戦っていた。

 第4シードの大坂(WTAランキング9位、8月31日づけ、以下同)が、シェルビー・ロジャース(93位、アメリカ)を6-3、6-4で破り、ニューヨークで2年ぶり2度目のベスト4進出を決めた。グランドスラムでは通算3度目のベスト4になり、伊達公子と並んで日本女子では最多タイとなった。

自分のテニスを取り戻し、2度目の優勝にむけて突き進む大坂なおみ 過去に大坂はロジャーズと3回対戦して一度も勝ったことがなかった。だが、直近の対戦が2017年4月のWTAチャールストン大会で、大坂がブレークする前の対戦であり、今回は3年前とは違う強さを見せつけた。

 ロジャースは、フォアハンドでトップスピンをかけて山なりの軌道を描くボールを深く打ち、バックハンドのスライスでペースを変えるなど大坂に揺さぶりをかけた。それでも大坂は動じず、無理をせずにしっかり相手コートの中央付近に深く打ち返し、ラリーをニュートラルにして自分が攻める時を伺った。

 さらに、ロジャースがネットプレーやドロップショットを使って前後の揺さぶりを入れてきても、大坂はバランスを崩さずにボールに追いつき、逆にウィナーで返してみせる場面もあった。

 大坂は第1セット第7ゲームで、ロジャースに唯一サービスブレークを許すが、これをきっかけにギアアップしてプレーのレベルをさらに上げ、以降は全く隙を見せなかった。

「今夜、彼女(大坂)のサーブがとてもよかった」とロジャースが振り返ったように、ファーストサーブの確率は47%でそれほど高くはなかったものの、ファーストサーブでのポイント獲得率は83%と高かった。