2018.09.18

テニス日本代表の世代交代。
岩渕ジャパンは選手層の厚さでデ杯完勝

  • 神 仁司●文・撮影 text&photo by Ko Hitoshi

 男子国別対抗戦デビスカップ・ワールドグループ(以下WG)プレーオフ「日本vsボスニア・ヘルツェゴビナ」が、大阪・ITC靭テニスセンターで行なわれ、日本(ITF国別ランキング16位/以下同)は、ボスニア・ヘルツェゴビナ(27位)を4勝0敗で破り、WG残留を決めた。

 デビスカップ日本代表は、(右から)綿貫、内山、西岡、岩渕監督、マクラクラン、ダニエル 2月のWG1回戦で、日本は1勝3敗でイタリアに敗れ、WGプレーオフを戦うことになったが、今回の日本代表メンバーには、錦織圭(ATPランキング12位、9月10日づけ/以下同)と杉田祐一(98位)が、いずれもメンバーから外れた。岩渕聡デビスカップ日本代表監督は、選考理由を次のように語った。

「錦織にはもちろん一番初めに話はしましたけど、(ケガからの復帰で)今年の前半にそれほどポイントを稼げる大会に出られなかった。秋口も(錦織が出場を目指している)ATPファイナルズ(の出場争い)を含めてということもあった。

 杉田は、個人戦で少し苦労しているところがあって、状態的にすごく悪いというわけではないですが、本人と話をしたうえで、彼自身の時間をつくってデビスカップを1回スキップしてもいいのかなという判断をした」

 大会第1日目のオープニングマッチで、ダニエル太郎(72位)は、トミスラフ・ブルキッチ(240位)を、6-4、6-2、7-6(3)で破り、日本に貴重な1勝目をもたらす。

「デ杯でのエクストラなプレッシャーに対して負けなくて、練習していたアグレッシブなプレーができてホッとしました」(ダニエル)