2018.09.20

大坂なおみの凱旋試合は、
日本テニス史上最高の「至福の時」

  • 神 仁司●文・写真 text&photo by Ko Hitoshi

凱旋試合の初戦から、しっかりと力を見せつけた大坂なおみ 大坂なおみは、まさにグランドスラム優勝者としてふさわしいプレーを東京で披露した。

 東レ パン パシフィック オープンテニスの2回戦で、第3シードの大坂(WTAランキング7位、9月17日づけ/以下同)は、ドミニカ・チブルコバ(30位、スロバキア)を6-2、6-1で破って、2年ぶりのベスト8に進出した。

 大坂にとって、USオープンで日本人初のグランドスラム初優勝を成し遂げた後の初めての試合となった。対戦相手のチブルコバは、2014年オーストラリアンオープン準優勝者で、2017年3月に最高4位まで上がったことのある実力者。初戦(第3シードなので1回戦は無し)の相手としては決して容易ではなかった。

 ニューヨークでもそうだったが、大坂は、「安定したテニスをずっと続けることを最優先」と心がけており、チブルコバを相手に豪快な好プレーを連発。

「彼女(大坂)が安定していて、簡単なボールをまったく私に与えてくれなかった。自分のミスが多過ぎた」とチブルコバは、ほぼお手上げ状態だった。

 インドアハードコートという環境も相まって、大坂のビッグサーブがさく裂し、時速190km後半を何度も叩き出した。第1セット第8ゲームでは、この日最速の196kmを記録。サービスエースは10本、ファーストサーブのポイント獲得率は86%、セカンドサーブのポイント獲得率も71%と非常に高く、ほぼ完璧なサーブの出来だった。