2018.02.28

恐るべき美女ペア誕生。
加藤未唯&二宮真琴「うちら、ラスボスやから」

  • 内田暁●取材・文・撮影 text & photo by Uchida Akatsuki

 初めてふたりが会ったのは雪振る京都の寒い日だったと、10年以上経った今も互いの記憶にはっきり残っている。

「未唯ちゃんは毛のモコモコしたコートを羽織っていて……ちょーセレブな小学生がいるなって」

 二宮真琴が笑顔で「すごいインパクトに残っています」とつい最近のことのように振り返れば、加藤未唯は「真琴とは京都や関西の試合で昔からよく会ってたからね」と八重歯をこぼした。

カタールでも息の合ったプレーを見せた二宮真琴(左)と加藤未唯(右) テニス選手は各々の地域で突出した存在になれば、大会会場や合宿などで頻繁に顔を合わせるようになる。広島出身の二宮と京都で生まれ育った加藤も、同じ西日本ということもあり、その機会は子どものころから必然的に増えていった。

 もっとも普通は、幼少期に数多くいた「同じ年のテニスのうまい子」たちも、時が経つにつれ、ひとりまたひとりと競技から距離を置き、いずれ別々の道を歩むようになる。ところがそのような摂理のなかで、彼女ら1994年生まれの「テニスの上手な子」の多くは、ラケットを手にコートに立ち続け、テニスを職業に選び、やがて活躍の舞台は世界へ至る。

 加藤は一昨年、ジュニア時代からダブルスを組む穂積絵莉とともにツアー優勝し、昨年は全豪オープンベスト4へと躍進。二宮も同期の澤柳璃子や先輩格の青山修子らと組むなかで結果を出し、昨年はウインブルドンでベスト4へと躍り出た。

 ただ、互いに同期でダブルスの名手ながら、加藤と二宮がペアを組む機会は比較的少なく、2014年の夏を最後に公式戦には出ていない。そのふたりが約3年半ぶりにコートの同じサイドに立ったのが、2月上旬に行なわれた国別対抗戦「フェドカップ」のアジア/オセアニア地域大会だった。

「勝負がダブルスにかかったら、私たちに任せてください」

 チーム最初の全体ミーティングで、そう言い放つ加藤の”挨拶”に、パートナーの二宮は「えっ!?」と慌てふためいたという。