2018.02.21

大坂なおみ、20歳の親離れ。
セリーナを支えた新コーチと世界1位へ

  • 内田暁●取材・文 text by Uchida Akatsuki
  • photo by Getty Images

「得るものの多い大会だった」と語る大坂なおみの表情と声の音(ね)が、その言葉が本心であることを示していた。あるいは少なくとも、自分の言葉を本気で信じようとしている前向きな姿勢やひたむきさが、時折浮かべる笑みににじんだ。

20歳になって新コーチを迎えた大坂なおみ 4回戦へと躍進した全豪オープン後に、初めて出た公式戦のカタール・オープン。WTAツアーのなかで上位グレードに属するこの大会で、大坂は予選2試合を勝ち上がり、本戦初戦でも49位のカテリナ・シニアコバ(チェコ)に快勝した。

 ただ、この試合中のひとつの動きを機に、背中にピンと刺すような痛みが走る。その痛みは1日経っても消えず、「100%のパフォーマンスはできない……特にサーブは全力で打てない」ことを知りながら、2回戦のアナスタシア・セバストワ(ラトビア)戦を迎えることを余儀なくされた。

 それでも彼女は「どこまで食らいつけるか試したい」と自身にチャンスを与え、1ポイントごとに拳を振りかざし、太ももをピシャリと叩きながら闘志を掻き立てる。いきなり3ゲームを連取されながらも追いつき、最後まで試合を捨てなかったその「ポジティブな姿勢」を、彼女は「次につながる敗戦だった」と評した。

「ポジティブ」――それは大坂が今年に入ってから、すでに何度も繰り返してきた言葉である。過去に1本のミスに心をとらわれ、勝てる試合を落としたこともある彼女は、自分の課題がどこにあるかも認識していた。

「変わらなくては……」

 そう強く望んだ彼女は昨年末、新たなコーチを選び迎える。その水先案内人は、大坂が敬愛する女王セリーナ・ウィリアムズ(アメリカ)のヒッティングパートナーを8年の長きにわたり務めた人物だった。

「ナオミのことは2年ほど前からツアーで見かけるようになったし、会えば『ハイ!』と声をかけていました。でも、彼女はとてもシャイなので……会話をすることはほとんどなかったですね」