2017.12.13

日本テニスの聖地が大改修。
錦織、伊達が語る「有明でうれしかったこと」

  • 神 仁司●文・写真 text & photo by Ko Hitoshi

 テニスだけでなく、バスケットボールやバレーボール、格闘技、またコンサート会場としても使用されてきた有明コロシアムが、11月25日に開催された「ドリームテニスARIAKE 2017 」を最後に、2020年東京オリンピック/パラリンピックへ向けた改修工事に入った。

 有明コロシアムが完成したのは1987年。田園コロシアムの後継施設として、テニスの国際大会が開催できるように新設された。その後1991年には、当時ではまだ珍しかった開閉式の屋根が取り付けられ全天候型センターコートとなっている。

 これまでの30年間、有明コロシアムでは数々の名勝負が繰り広げられたため、いつしか”日本テニスの聖地”と言われるようになった。

ドリームテニスARIAKE 2017に参加した錦織圭と伊達公子
 その歴史の中で、日本男子テニスのトッププレーヤーである錦織圭は、一番印象に残っている記憶として、「やっぱり(2012年の)楽天(ジャパン)オープンで優勝した時ですかね。一番思い出に残っているのは、最初にやっぱり楽天オープンで優勝した時の感動」と振り返る。

 ジャパンオープンが1973年にワールドテニスツアー公式戦となってから、日本男子として初めてシングルスのタイトルを獲得したのが錦織だった。当時22歳の錦織にとっては、2008年ATPデルレイビーチ大会以来”2つ目”のツアータイトルで、松岡修造の記録を抜く日本人男子初の快挙達成の瞬間でもあった。もともと錦織はジャパンオープン制覇への思いが非常に強かったため、母国日本での初優勝は喜びもひと際大きかった。

「この有明は子供の頃から試合を見に来たりしていたので、そういう思い出の場所で自分が優勝できたというのは、とても記憶に残っています」

 当時の錦織は、この初優勝によってATPランキングを17位から自己最高の15位に上昇させて、世界のトップ10入りを視野に入れたのだった。