2017.12.05

軽いラケット、柔らかいボールから、
錦織圭の復活はもう始まっている

  • 神 仁司●文・写真 text & photo by Ko Hitoshi

 正直、錦織圭の表情が思いのほか明るかったのが救いだった。

 錦織は11月25日に、東京・有明コロシアムで開催されたチャリティーイベント『日清食品 ドリームテニスARIAKE 2017 』に参加し、プレーこそしなかったものの、主審を務め、彼らしい天然ぶりのジャッジをしたりと、観客を笑わせ会場全体を和ませた。

11月下旬、日本に滞在していた錦織圭。イベントで子供たちとふれあう

 実は錦織が公の場に姿を現したのは、約3カ月ぶりのことだ。8月中旬のマスターズ1000・シンシナティ大会前、サーブの練習中に右手首腱の裂傷を負って大会を棄権し、そのまま2017年シーズンを終える決断を下した。

 ケガは脱臼を伴っており、複数の医師に意見を求めて治療法を模索した。その結果、錦織の右手首はギプスで固定されたが、幸い手術は回避され、自然治癒による完治を目指すこととなる。

 リハビリは、かつての世界女子ナンバーワンだったキム・クライシュテルスがベルギーで運営するアカデミーで行なわれた。10月下旬には初めてボールを打ち、ベルギーでのリハビリを終えてフロリダに戻った。

 ただ、フロリダのIMGアカデミーでは、通常より軽いラケットを使用し、通常より柔らかいテニスボールを打った。

「まだ自分の重さのラケットを使っていないので、自分のラケットに慣れるのにも時間がいる。最近たまに持つと、すごく重く感じるので、まだまだ時間はかかると思います」