2015.12.10

【テニス】レジェンドたちが語る「錦織圭が世界ランク1位になる日」

  • 神 仁司●文・写真 text & photo by Ko Hitoshi

 錦織圭が、12月2~4日に神戸で開催されたインターナショナルプレミアテニスリーグ(以下IPTL)に初参戦した。IPTLは、公式戦にはない男女混合の団体戦で、しかも現役選手と引退した「レジェンド」といわれる名選手が一緒にプレーをするという、昨年から始まった新しいフォーマットだ。

 日本でテニスを披露する機会が少ない錦織は、ジャパン・ウォリアーズの一員として参加し、奈良くるみらチームメイトと笑顔を交えながらプレーした。

記者会見で今年を振り返り、来季の抱負を語った錦織圭

 「いい時期にエキシビションがあったので、自分にとってもいい練習になりますし、こういったチーム戦の機会はあまりないので、自分自身も楽しめた部分もあった。特にこれだけの選手が一斉に来て、プレーするのはファンの方にもよかったと思いますし、自分自身のモチベーションもまたさらに高くなり、プラスいいテニスもできて、すごく満足な3日間でした」

 錦織が「これだけの選手」と表現し、最も豪華だったのが、歴代のグランドスラムチャンピオンや元世界ナンバーワンなどの肩書を持ち、かつてワールドテニスツアーで大活躍したレジェンド選手たちだ。テニスを極めた彼らが、錦織について次のように語ってくれた。

 ゴラン・イワニセビッチ(44歳・クロアチア)は、左利きの高速サーブで、通算10,183本のサービスエースを放った記録(歴代1位)を持ち、2001年に悲願のウインブルドン優勝を果たした。その経験を活かして、現在は母国の後輩にあたるマリン・チリッチのツアーコーチを務めている。先月末に行なわれたドリームテニス有明では、錦織と一緒にプレーをした。