2015.12.16

目標はリオ五輪。女子テニス世界ツアー優勝者に聞く・日比野菜緒

  • 神 仁司●文・写真 text & photo by Ko Hitoshi

プロ3年目でツアー初制覇を成し遂げた日比野菜緒 2013年4月にプロ転向した日比野菜緒は、プロ3年目の20歳でツアー初優勝を勝ち取った(現在は21歳)。日本女子の優勝としては、2014年2月、WTAリオデジャネイロ大会での奈良くるみ以来の快挙だった。

「こうやって取材をされると、あっ、優勝したから話を聞いてもらえるのかなって(笑)。優勝って大きいんだなって感じます」

 インタビュー取材の経験が少ない日比野はこう語り、日本女子9人目のツアー優勝にもかかわらず、なかなか喜びを表現しようとしなかった。それは、タシケント大会で日比野が破った対戦相手のランキングに関係する。1回戦159位、2回戦102位(棄権勝ち)、準々決勝203位(予選勝者)、準決勝106位、決勝137位。一度も100位以内の選手と対戦しない幸運に恵まれた。

「私の中では(下部ツアーの)ITFの(賞金総額)5万ドル大会で優勝したのと何ら変わらない。でも、(コーチの竹内)映二さんがラッキーではあるけど、まぐれではないよって言ってくれて、それで少し気持ちが楽になりました。まっ、ラッキーはラッキーでしたね」

 しかし、ただ幸運だっただけでなく、日比野が竹内コーチからアドバイスされた3つのことを実践できたからこそ、運をたぐり寄せることができたのだ。