2015.12.16

錦織に続き世界へ。女子テニス世界ツアー優勝者に聞く・土居美咲

  • 神 仁司●文・写真 text & photo by Ko Hitoshi

ツアー初制覇で自信をつけた土居美咲 2015年10月は女子ワールドテニスのWTAツアーで、日比野菜緒がタシケント大会(9月28日~10月3日・ウズベキスタン、ハードコート)、土居美咲がルクセンブルク大会(10月19日~24日・ルクセンブルク、インドアハードコート)において、ともにツアー初優勝を果たし、日本女子の優勝者が2人誕生するという日本テニス史の記録と記憶に残る月となった。

 土居は2008年12月にプロ転向し、プロ7年目の24歳でたどり着いたツアー初優勝だった。

「もちろん、もうちょっと早く獲れていれば、それはそれでよかったですけど、逆に自分も成長して、いろんなことを乗り越えての優勝だったのでよかったと思います。すごくうれしかったです」

 日本女子選手によるツアー優勝は土居で10人目の達成となり、伊達公子や杉山愛らと肩を並べたことに喜びもひとしおだった。

「優勝したあとに10人目なんだと聞き、意外とそんなに優勝していないと知って、すごいことなんだなと。記録に残るという意味で、ものすごく価値のあるものだなと思っています」

 ルクセンブルク大会で優勝してランキングポイント280点を獲得した土居は、WTAランキングを92位から当時自己最高の60位へ上昇させた。