2014.04.08

【テニス】デビス杯ワールドグループで表面化した
「日本と強豪国の差」

  • 神仁司●取材・文 text by Ko Hitoshi photo by Ko Hitoshi

 男子テニス国別対抗戦デビスカップ・ワールドグループ(WG)準々決勝「日本対チェコ」で、日本(ITF国別ランキング12位)は、デ杯2連覇中のチェコ(同1位)に5戦全敗で敗れ、現行WGでの初のベスト4進出の夢は消えてしまった。
※デビスカップ・WGは世界の上位16カ国のトーナメントで争う。日本は今シーズン、1回戦に勝利して、初のベスト8進出。

 両国とも、タイトなスケジュールの中、ベストメンバーを揃えることはできなかったが、初めてWGのベスト8を戦う日本に対して、3連覇を狙うチェコは、力の差をまざまざと見せつけた。

 チェコは、エースのトーマス・ベルディヒ(ATPランキング5位、以下同)が代表を辞退し、直前になってヤン・ハイェク(125位)もひざのケガで出場を取りやめ。ルーカス・ロソル(40位)、ラデク・ステパネク(47位)、イリ・ベセリー(67位)の3人での来日となった。

 一方、日本は3月下旬のATPマイアミ大会でベスト4に進出した錦織圭(18位)が、左股関節の炎症の回復が間に合わず、代表入りを断念。そのため、苦しい布陣を強いられ、さらには、代表チームに合流していた添田豪(134位)も体調不良でオーダーから外れた。

 こうした状況で迎えた大会初日は、ステパネクが伊藤竜馬(146位)を4セットで下し、ロソルが日本代表デビューのダニエル太郎(190位)を5セットで破ってチェコが連勝。2日目には、初めてのペアリングとなったステパネク/ロソル組が、伊藤/内山靖崇組をストレートで破り、チェコが3連勝で早々とベスト4進出を決めた(※)。
※各試合5セットマッチ。1日目にシングルス2試合、2日目にダブルス1試合、3日目はシングルス2試合を行なう。3試合先取した国が勝利。

「40位付近にいる我々の2選手と、150~200位にいる日本選手は、ほとんど違いはなかった。ラデクとルーカスに対して日本は失うものはなく、攻撃的だった。(3連勝で勝てて)とても嬉しい」

 チェコ代表のヤロスラフ・ナブラチル監督は、謙虚なコメントを残したものの、今回の準々決勝では、両国選手の5セットマッチにおける経験の差が如実に出た。