2013.01.22

【テニス】
今季トップ10入りするために錦織圭がなすべきことは何か?

  • 神 仁司●取材・文 text by Ko Hitoshi  photo by Ko Hitoshi

全豪でベスト16に進出も、4回戦でランキング5位のフェレールに敗退した錦織圭 錦織圭とダンテ・ボッティーニコーチとの二人三脚は3年目に入った。

昨年自己最高のATPランキング15位を記録した錦織は、2013年シーズンもボッティーニコーチと世界を転戦している。

「昨年自己最高のランキングを出したので、コーチを変える理由はなかった。ダンテと課題にしているのは、もう少し攻めるテニスをやることです。チャンスを見つけてしっかり攻めるテニスをするよう心がけていきたいですね」

 今季開幕戦のATPブリスベン大会準決勝で、左ひざの炎症のため途中棄権した錦織は、悪化の不安を抱えたまま、左ひざにテーピングをしたまま。さらに昨年秋に痛めた右足首には、予防のためのサポーターを装着して、ベストコンディションではないままオーストラリアンオープン(全豪)に臨んだ。

 日本から応援に駆けつけた父・清志さんは、息子の痛々しい姿に心配を隠せなかった。
「どうなるかわからない。メルボルンでは、最後まで無理をしてでも戦うのではないか」

 ATPランキング18位(大会時)の錦織圭は、ランキング上位の欠場者が出たため繰り上がって、グランドスラムでは自身最上位の第16シードがつき、周囲の期待は高まった。

「たぶん今週(大会第1週)はひざのことを考えることになると思いますけど、できるだけやります」と語った錦織は、1回戦から3回戦まで、シード選手らしい落ち着いたプレイで、2年連続のベスト16に駒を進めた。

「ひざのことがあったので、正直ここまで来られると考えていなかった。どこまでできるのか自分でもわからなかった。あまり先のことを考えられず、目の前の戦いだけを目標にしていた」