2021.12.06

ラグビー早明戦。スクラムで圧倒されながらも、なぜ早大は3年ぶりの勝利をつかめたのか

  • 松瀬学●文 text by Matsuse Manabu
  • photo by 齋藤龍太郎

ゲーム主将としてチームをまとめた早大・小林賢太ゲーム主将としてチームをまとめた早大・小林賢太  ハードワークの勝利である。とくにディフェンス、接点、我慢の勝利である。伝統のラグビー早明戦。主将不在の早大が17‐7で明大に競り勝ち、3年ぶりの勝利を挙げた。宿敵を1トライに抑えたところにチームの成長が見てとれる。

 晴天の12月5日。秩父宮ラグビー場には、新型コロナ禍の入場制限下、1万人余の観客が詰めかけた。試合終了直前、交代でピッチの外に出たゲーム主将のPR(プロップ)小林賢太は泣いていた。実直、誠実。顔をくしゃくしゃにしながら、ブレザー姿の長田智希主将と肩を抱き合った。

 記者会見。涙のワケを聞けば、ゲーム主将はエンジ色のマスク下の顔をほころばせた。

「過去、2年間、早明戦ではなかなか勝てなくて、すごく悔しい思いをしてきたので、勝って本当にうれしくて。まだノーサイドではなかったけれど、セーフティーリードだったので、感情が表に出てしまいました」